楽しそうだから始めてみたものの、敷居が高くて途中で挫折してしまう・・・
そんなプレイヤーがとても多い、競技ヨーヨーの世界。
その理由と、今日から正しく楽しくヨーヨーを始め、続けていくことが出来る方法を、お話しします。

 

日本人男性におすすめしたい趣味「競技ヨーヨーの世界」へようこそ!

まずはじめに、あなたが競技ヨーヨーの世界に興味を持って下さったことを、いち業界人として本当に嬉しく思っています。

ヨーヨーはいつでもどこでも手軽に遊べる趣味でありながら、どこまでもやり込むことが出来る「奥の深さ」を併せ持っていることも魅力のひとつです。創意工夫をしたり、こだわりを持ってものごとに取り組むことが得意な日本人男性の気質にぴったりの趣味であるとも言えますね。

また、年齢を問わず取り組めるため、親子間でのコミュニケーションツールとしての需要もますます高まっています。お父さんがお子さんにヨーヨーを教えている姿はいつ見ても微笑ましいものです。

そんなヨーヨーですが、始めるにあたっての敷居が高いと感じている方や、始めてみたものの続けられずに辞めてしまったという方が非常に多いのが現実です。

 

ヨーヨーは難しい!と思われてしまう3つの理由

  • 技が難しそう
  • どうやって始めればいいのか解らない
  • このヨーヨーや、この方法で合っているのか解らない

こういった理由でチャレンジせずに終わってしまったり、始めてみてもすぐに止めてしまう方が多いように感じます。

もちろん、既存のヨーヨー教材もたくさんあるんですが、僕の立場から見ると、この順序だと、ここで挫折するのではと感じる、前提条件となるような技術や情報を省略しているものが多かったです。

また、〇〇は別にネットで調べて下さい、といった感じで情報がバラバラになっており、一貫性のあるものが少ないようにも思います。・・・業界の方に袋叩きにされそうですが、それが本音です。

さっそく他の教材に対するいちゃもんを付け多数の業界人を敵に回してしまったんですが、どの方がリリースしている教材もカリキュラムも、決して手を抜いて作っている訳ではありません。解りやすいものもたくさんあります。ですが今日からヨーヨーを始めるプレイヤーの立場となって取り組んでみると・・・

途中で一気に難易度が上がるので心が折れる
専門用語がちょくちょく出てきて解りづらいし、その度にネットで調べるのが面倒
予備知識がある前提で解説が始まるから、さっぱり解らない

・・・と、感じる場面がありました。

 

もっと気軽にヨーヨーを始め、楽しく続けるには

もちろん、現状のままでもヨーヨー人口は増えていくと思います。ですが、いち業界人として、もっとたくさんの人にヨーヨーを始めて欲しい。そして、ヨーヨーの興味を持って下さった方に、もっと楽しくヨーヨーを続けて貰いたい。

そう思い、業界で最も解りやすく取り組みやすい内容を目指し、限界まで「今日からヨーヨーを始める方の立場」になり、今回の教材を完成させました。

 

自己紹介が遅くなりました

おっくん
おっくん
こんにちは!yoyoeducation運営者の「おっくん」です。
2008年度のヨーヨー西日本チャンピオンで、
主にオンラインでのヨーヨーティーチングの専門家として2012年頃から活動を続けています。

 

オフラインでもヨーヨー交流会「天王寺ヨーヨークラブ」を30回以上に渡って主催し、オンライン・オフラインを問わず、たくさんのヨーヨープレイヤーにテクニックをお教えしています。

また、現役時代の主な大会成績は以下となっております。

2003年度 西日本大会 1A部門 第4位
2003年度 全国大会 1A部門 第11位
2004年度 西日本大会 1A部門 第2位
2004年度 全国大会 1A部門 第4位
2005年度 西日本大会 1A部門 第2位
2006年度 西日本大会 1A部門 第2位
2006年度 全国大会 1A部門 第3位
2006年度 アジア大会 1A部門 第4位
2007年度 西日本大会 1A部門 第3位
2007年度 全国大会 1A部門 第9位
2008年度 西日本大会 1A部門 優勝
2008年度 全国大会 1A部門 第4位
2009年度 南日本大会 1A部門 第3位

 

僕が2年がかりで作成した「ヨーヨー入門プログラム」の内容

では、僕が作成したヨーヨー初心者用教材「ヨーヨー入門プログラム」の内容についてお話ししていきます。

ヨーヨー入門プログラムは、大きく分けて以下の2つのセクションに分かれています。

ヨーヨーを正しく楽しく始めるには、ある程度の予備知識が必要です。現時点で必要なことだけをお教えしますので、実際にヨーヨーを練習する前に、まずはこちらをご覧下さい。

どんなヨーヨーで始めればいいのか
ヨーヨー以外に何を揃えればいいのか
ヨーヨーはどう分解し、どう組み立てればいいのか
色々ある中でどんな糸を選べばいいのか
糸はどうやって取り付けるのか
糸の長さはどれくらいがいいのか
糸はどうやって結べばいいのか
糸はどうやって巻けばいいのか
糸はどうやってヨーヨーや指に付ければいいのか
ヨーヨーはどのようにして回るのか
ヨーヨーの中で糸が絡んだらどうすればいいのか
どんな手入れが必要で、どのようにすればいいのか
ヨーヨーはどうやって持てばいいのか
糸は途中で交換しなくていいのか
最初にどんな技に取り組めばいいのか
ヨーヨーが戻ってこない原因は何か

・・・などなど、ヨーヨーを始めるにあたり誰もが感じる疑問に詳しくお答えし、この段階で本当な知識だけを厳選してお教えします。

 

テクニック解説ビデオで予備知識を身に付けたら、実際にヨーヨーの技に挑戦してみましょう。

・・・などなど、簡単なものからちょっと難しいものまで、22種類の技を業界最高水準の解りやすさで詳しくご紹介します。途中でやる気を失わないような順番と難易度で構成された内容となっておりますので、こちらをひとつずつクリアしつつ、ヨーヨーが上達する楽しさを感じてみて下さい。

 

お申し込みはこちらから

※ビデオはユーザー様専用サイトにてストリーミング配信形式にてご覧頂けます。ユーザー専用サイトではプログラム内容について質問ができるほか、追加の解説内容なども確認できます。※ストリーミングビデオ(インターネット配信方式)をご案内するだけの「ストリーミングコース」と、ストリーミング版にDVDが付属したプラン「ストリ―ミング+DVDコース」がございます。2つのプランの違いは「DVDが付属するかしないか」だけですので、DVDが不要な場合はストリーミングコースでお申し込み下さい。

 

内容が全て出来るようになるまでサポートします

無期限のオンラインサポート付き

あなたがプログラムを進めていく中で感じた疑問や質問について、僕がメールで回答します!説明が解りにくい場合、技のコツがつかめない場合、なかなか上達できないと感じた場合は、いつでも気軽にお問い合わせ下さい。必要だと判断した場合はビデオを作成しお送りしますので、納得いくまでご質問下さい。

質問の回数・サポート期間は無制限!僕がヨーヨーの活動を続ける限りお答えします。

※ご質問の内容はプログラムに関するものだけとさせて頂きます。
※都合によりyoyoeducationの活動を終了する際は事前に告知致します。

ユーザー様専用サイトにご招待します

追記事項やユーザー様からのご質問があった際に更新する「ユーザー様専用サイト」をご用意しています。

他のユーザー様からの様々な質問や、それに対する僕からの回答内容が確認できますので、ヨーヨーに対する様々な知識を手軽に身に付けて頂くことができます。

 

よくあるご質問

Q:このプログラムに参加するには、何が必要ですか?
A:受講して頂くにあたり必要なヨーヨーや道具はプログラム内でご説明していますが、ヨーヨー本体の価格と合わせて、金額にして3~4000円程度必要だとお考え下さい。既にお持ちのヨーヨーでプログラムを始めて頂くことも可能ですが、スムーズに上達されたいのであればプログラム推奨ヨーヨーをお買い求めください。

 

Q:このプログラムの内容をマスターするには、どれくらいの労力や期間がかかりますか?
A:全くの素人のテスターの方に試して頂いたところ、このプログラムに収録されている技のうち「2番目に難しい技」以外の21種類の技を習得するまでに、1週間あたり2時間の練習で約1ヶ月程度かかりました。もちろん上達のスピードには個人差がありますので、ひとつの目安としてお考え下さい。

 

Q:なかなか出来ない技があったら、どれくらいの段階で相談すればいいですか?
A:すぐにご相談頂いても構いませんが、まずは1時間ほど取り組んで頂いた上で、どのあたりでどのようにつまずかれているかをご連絡頂けると、より的確なアドバイスが出来ます。可能であれば「ビデオの〇分〇秒から〇分〇秒の間がよく解らない」といった感じでご質問頂けるとありがたいです。

 

Q:パソコンが無いんですけど、ビデオはタブレットやスマホでも見られますか?
A:はい、ご覧頂けます。今回は様々な再生環境に対応するためストリーミングビデオ形式を採用しておりますので、インターネット環境があれば、ほとんどのスマホやタブレットでお楽しみ頂けます。もしビデオがご覧頂けないようでしたらご相談下さい。ご覧頂けるようになるまで責任を持って対応いたします。

 

Q:プログラムとありますが、提出しなければいけない課題や練習スケジュールはありますか?
A:いいえ、ありません。取り組みやすいペースでチャレンジして頂ければと思います。もちろん、課題やスケジュールを希望される場合はご相談頂ければ作成致しますが、まずは肩肘を張らずにチャレンジされることをお勧めします。

 

今まで作成したどの教材よりも、こだわって作りました

もちろん、これまでに作成した数々の教材も全て真剣に作り込んでいます。ですが、今回の教材は、他のどれよりもこだわって作り上げました。なぜなら、このプログラムでヨーヨーを始めて下さったあなたが楽しくヨーヨーを続けていけるかどうかは、僕にかかっているのですから。