練習会

2013年11月9日~10日の練習会・イベント情報

red-188761_1280

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

今週末に行われる練習会やイベントの日程・告知サイトのお知らせをさせて頂きます(順不同)。

 

  • 11月6日(水)

N8Night
[browser-shot width=”680″ url=”http://shop.plaza.rakuten.co.jp/yo-yo/diary/detail/201307090000″]

 

 

  • 11月9日(土)

美濃加茂ヨーヨー練習会
[browser-shot width=”680″ url=”http://minoren.blog22.fc​2.com/”]

 

津ヨーヨークラブ
[browser-shot width=”680″ url=”http://tsuyoyoclub.tumbl​r.com/”]

 

新潟長岡ヨーヨー練習会
[browser-shot width=”680″ url=”http://yoyoniigata.blog5​6.fc2.com/”]

 

N.C.練習会
[browser-shot width=”680″ url=”http://ameblo.jp/axelyoy​o/”]

 

 

 

  • 11月10日(日)

名西練習会
[browser-shot width=”680″ url=”http://blogs.yahoo.co.jp​/scymp196/32330468.html”]

 

磐田ヨーヨー練習会
[browser-shot width=”680″ url=”http://87.xmbs.jp/yoyoiw​ata-208765-ch.php?guid=o​n”]

コンボを作る時にぜひ実践して欲しい3つのノウハウ

unitarian-church-188860_1280

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

今日は、読者様から頂いたご質問と、そのお返事を掲載させて頂きます。
(読者様の許可を頂いた上で掲載しています)
本日はK様から頂いたお便りをご紹介します。

こんにちわ。いつもおっくん塾長のメールマガジンを楽しみさせていただいています。

私は1年ほど前からヨーヨーに復帰し、GIOYトリックを順番に練習してきました。そのほか、おっくん塾長が配信されるトリックや、ネットで配信しているチュートリアルも練習し、そこそこのトリックを習得できたのではないかと思います。

最近、「ロングコンボをやっていみたい!」と思い始めたのですが、どうにもその構成方法がわからず、うまくいっていません。単発のトリックを流れがよくなるようにくっつけたりもしましたが、コンボというより、「単発のトリックをキャッチせずに続けている」という感じがぬぐえず、大会の参加者の演技や、ネットで配信しているクリップのようにはならず、どうすればよいのかわからないといった状況です。

そこで、今回おっくん塾長に是非以下のことについてご意見をいただきたく、メールをさせていただきました。

現在、単発のトリックの構成要素を抜き出し、組み合わせて再構成する方法を検討しているのですが、 この方法はどうでしょうか?ほかにコンボを作る指針があればその具体的内容を教えていただけないでしょうか?おっくん塾長は、コンボを作るときに何を一番重要視していますか?

コンボの作成方法につき、ネットで検索もしてみたのですが、「上手な人に教えてもらう」、「大会の参加者の動きを分析する」、「好きなトリックで構成する」などといった意見があったのですが、近くにスピナーがおらず、練習会へ参加しようにも近くにそのような場がなく独学でするしかない私には、これらの意見は抽象的かつ困難なもので、残念ながら具体的な指針の参考にすることはできないものばかりでした。

長くなってしまいましたが、ご回答いただければ幸いです。

朝夕の冷え込みが厳しくなったこの頃、どうぞご自愛専一に。長文、乱文失礼しました。

K様、お便りをありがとうございます。
以下、僕からの返信です。

いつもメルマガをご購読頂きありがとうございます。おっくんです。

構成要素を抜き出して再構成する方法ですが、とても良い取り組みです。結果として応用が利く技術が多く身に付くと思います。

ちなみに、少し工程の長いトリックやコンボから、要素を抜き出す取り組みを続けて頂くと、その過程で、コンボを構成するにあたり含まれる可能性の高い要素(前述の要素と区別するために、ここでは仮に「エレメント」とします)が、いくつかあることに気づかれるのではないかと思います。良ければ、その要素を書き出してみて下さい。そして、要素と要素を再構成するにあたり詰まったときは、そのエレメントを取り入れられないか、試してみて下さい。コンボをスムーズに広げていけるのではないかと思います。

上で書いた方法以外だと、自分の個性を伸ばす、というのもおすすめです。

気が付いたらやっている要素が、だれしもあるんじゃないかと思うのですが、それは自分が得意であり、やっていて楽しい、自分の個性が出ている要素だと思うので、それを各コンボに、そのままか、やや形を変えて取り入れてみて下さい。その要素の前後の可能性が大きく広がったり、そのコンボ全体が楽しくなることが多いです。

僕は、コンボを作るときは、流れが良いかどうかと、無理がない内容であるかどうかに重きを置いています。流れといっても、具体的にお伝えするのがなかなか難しいのですが、例えば、乗せ変えをメインとしている部分だと、糸からヨーヨーを外して次の糸に乗せるまでに、時計回りにヨーヨーを動かした場合、次に糸からヨーヨーを外して他の糸に乗せるときは、反時計回りにヨーヨーを動かす・・・などといった具合に組んでみると、良い流れが作れると思います。あくまでも、ケースバイケースですが。

あとは「無理がない内容」ですが、解り易い例を挙げて説明すると、レール系コンボをしていて何の脈絡も無くインフルエントに入ったりしたら、不自然ですよね。その場合はそれを感じさせる予兆を演出するのが大切です(この場合、アラウンドザワールドを挟むのが最も簡単な方法になるかと思います)。

こういった感じで、コンボ全体が流れよく、無理がない内容であるか、というのは常にチェックして、気に入らない場合は修正しています。例えそれが、大会で言うところの「点数効率」が悪くなる修正内容であったとしても、です。

このあたりは感性の世界になってくるので、ひとつの参考ということで捉えていただけたら幸いです。

以上、よろしければ参考になさってみて下さい。

最後になりましたが、お気遣い、誠にありがとうございます。K様も、どうぞご自愛くださいませ。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

今回はコンボの作り方についてのご質問でした。

誰しもが経験する悩みだと思うのですが、

・まずは、単発のトリックをつなげてみる。
・次に、コンボに多く含まれている動きを調べてみる。
・単発のトリックの合間に、この動きを加えてみる。
・色んなプレイヤーのコンボを参考にして向上させていく。

こんな感じでステップアップしていくのが良いのではないかと思います。

ネットからでもしっかりと雰囲気が伝わってくる練習会

flak-tower-188861_1280

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

 

今回は、全国に数あるヨーヨー練習会の中から、
インターネットからでもしっかりと雰囲気が伝わってくる
練習会栃木県南のヨーヨー練習会
「とちなんヨーヨーミーティング」様をご紹介します。

[browser-shot width=”680″ url=”http://tyym.konjiki.jp/”]

 

是非ともチェックして頂きたいのが、練習会のPV。

[browser-shot width=”680″ url=”http://tyym.konjiki.jp/special.html”]

 

なんと、これまでに行われた全ての練習会の紹介ビデオを作成されています。
また、毎回の練習会の紹介ビデオに加え、プレイヤーズビデオも制作されるなど、
ネットを通じた情報発信にとても注力されており、とても驚きました。

それぞれのビデオからはアットホームな雰囲気がしっかりと伝わってくるので、
初めて参加しても、とても楽しく時間を過ごせそうですね。

また、JYYFトリック検定会場として認可を受けられている練習会でもあります。
腕を磨いてチャレンジしてみましょう!

こちらでは最新回(第10回)のビデオをご紹介させて頂きます。

2013年11月2日~3日の練習会・イベント情報

fly-insect-188744_1280

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

 

さて、今日は今週末に行われる練習会やイベントの日程・告知サイトのお知らせをさせて頂きます(順不同)。

 

  • 11月2日(土)

yo-style kyusyu V
[browser-shot width=”600″ url=”http://44act.com/”]

 

 

仙台ヨーヨー練習会
[browser-shot width=”600″ url=”http://sendaiyo.exblog.j​p/”]

 

 

美濃加茂ヨーヨー練習会
[browser-shot width=”600″ url=”http://minoren.blog22.fc​2.com/”]

 

 

  • 11月3日(日)

EZONE
[browser-shot width=”600″ url=”http://ezone-sapporo.jp/”]

 

 

横浜練習会
[browser-shot width=”600″ url=”http://ameblo.jp/freehan​d-0/”]

 

 

青森ヨーヨー練習会
[browser-shot width=”600″ url=”http://ameblo.jp/aomoriy​oyo/”]

 

 

香川ヨーヨークラブ
[browser-shot width=”600″ url=”http://kagawayoyoclub.we​b.fc2.com/”]

 

 

【Q&A】練習時のマンネリを打破する、あっと驚く解決法

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は、メルマガ読者の方から頂いたご質問と、僕からの回答を、質問された方の許可を得た上でご紹介させて頂きます。

 

>東京都のRさんからのご質問

こんばんわ、毎回届くたびに楽しく読ませていただいてます。

最近トリックバリエーションが増えず、ただいたずらにコンボを複雑にしていくあまり面白みのない発展しか出来ておらず、モチベーションが下がり気味です。こんなときおっくん塾長はどういう風に気分転換又は新しさを取り入れていますか?動画を地道に解析していくのが良いのでしょうか…アドバイスお願いします

 

>僕からの返信です

いつもメルマガをご購読頂きありがとうございます。おっくんです。

ご質問の件ですが、気分転換をしたい時は、普段まったくやらないようなトリック(普段練習されているのがコンボなら、イーライズホップ系や、インフルエント系や、ビハインドバック系など)をやってみたり、普段まず使わないようなスペックのヨーヨー(普段使っているヨーヨーと比べて直径や幅が3mm以上違うヨーヨーや、重量が5gくらい違うヨーヨーなど)を使ってみるのがオススメです。

糸の長さを変えてみるのもいいですね。そうすることで新しいひらめきに出会えたり、今までの技術を応用して新しい道が開けたり、意外な発展のさせかたを思いついたりすることが多いです。

ヨーヨーに限らず、何かが頭打ちになった時は、その分野を更に努力して乗り切ろうとするのではなく、気持ちを切り替えられるような、全く違う分野で努力してみると、頭打ちになっている分野まで解決できる事が結構あります。

ちなみに、もっと極端な改善をするなら、1週間ヨーヨーに触らない、というのも、冗談抜きでおすすめです。1週間後にはかなり新鮮な気持ちでヨーヨーに取り組めるので、今よりは間違いなく楽しめると思いますよ。

あと、コンボも自分の中で作るだけでは、どうしても面白みに欠けてしまうものです。ヨーヨー友達に見せたり、練習会などで披露したり・・・と、自分以外の人から評価を求めるようにすると、世界が広がりますし、次にもっと凄いコンボを見せたらどんな反応が返ってくるだろう・・・と、モチベーションのアップにも繋がっていくと思います。

youtubeなどに動画を投稿し、全世界の人に見て貰うのも、面白いですね。動画をアップロードされた際は是非ご連絡下さい。メルマガやブログにて紹介させて頂きます!

 

>今回はマンネリに関するご質問でした

マンネリを打破するためには「ちょっと」変わったことじゃなくて「かなり」変わったことをするほうがいいですね。

マンネリのまま頑張るのは、ヨーヨーそのものが嫌いになったりするので、結構危険です。

 

>ヨーヨーに関するご質問はありますか?

メルマガ「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation.jpでは、あなたからのヨーヨーに関するご質問を募集しています!以下のページから、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

また、メルマガ・ブログでの掲載依頼(新商品・練習会・活動の告知など)も受け付けておりますので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

 

【Q&A】新しいトリックをひらめくためのコツ

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は、メルマガ読者の方から頂いたご質問と、僕からの回答を、質問された方の許可を得た上でご紹介させて頂きます。

 

>神奈川県のTさんからのご質問

非常に多くのトリック配信及び解説ありがとうございます。質問なのですが、トリックを考える時は、どのように思いつくのですか?また、トリックを考える時は、「よし!今日は新しいトリック作るぞ!」とトリックを考える気持ちでトライするのですか?以上、お忙しいとは思いますが宜しくお願いします。

 

>僕からの返信です

新しいトリックを作るときは、余り意識していない事の方が多いです。では、新しいトリックが出来る瞬間はどんなときか?というと・・・

・他のプレイヤーのフリースタイルを見ていて閃いたとき

あ、こんなやり方があったんだ!面白い!と感じた時は、すぐにヨーヨーを手にとって、感じるままにヨーヨーを振るようにしています。細かく解析したり丸々コピーしようとするのではなくトリックの全体的な雰囲気を自分なりにアレンジする感じでやってますね。

・好きな音楽を聴いているとき

ちょっと特殊なひらめき方になるんですが、好きな音楽を聴いてるときってテンションが上がりますよね。そんな時に気分に任せて体を動かしながらヨーヨーを振っていると、ふとひらめくときがあります。

・時間を空けて練習を再開したとき

1週間くらいヨーヨーに触らなかった後で練習してみたりすると、5分以内に新しいトリックをひらめく可能性が高いです。先入観や習慣が取り払われて、新鮮な頭と体でヨーヨーが出来ているせいでしょうね。

なので、行き詰まった時は無理に練習をするのではなく、1週間くらい放置してから再開されることをお勧めします。苦戦していたトリックがいつのまにか出来るようになっていた・・・なんてことも結構あります。

僕の場合、この3つのケースでひらめくことが殆どですね。参考になりましたら幸いです。

 

>今回はトリックの作り方についてのご質問でした

コンボは意識して作ることが出来るのですが、新しいトリックはこのようにして生まれることが多いですね。

 

>ヨーヨーに関するご質問はありますか?

メルマガ「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation.jpでは、あなたからのヨーヨーに関するご質問を募集しています!以下のページから、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

また、メルマガ・ブログでの掲載依頼(新商品・練習会・活動の告知など)も受け付けておりますので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。