music-278795_640

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

今日は、読者様から頂いたご質問と、そのお返事を掲載させて頂きます。
(読者様の許可を頂いた上で掲載しています)

本日はR様から頂いたお便りをご紹介します。

こんにちは。毎日楽しく読ましていただいております。

バインドテクニックに関する質問です。

バインドテクニックについて読み返していたところ気になったのですが、
例えば、通常ブレイクアウェイをしたときのバインドは

のように糸が左側で二重にかかりますよね。

でも


とか


とか


とか


とか


は、糸が反対方向にかかってますよね。

なぜこれで戻せるのか気になり、質問させていただきました。
初歩的な質問でしたらすみません。よろしくお願いします。

R様、お便りをありがとうございました。
以下、僕からの返信です。

お返事が遅くなってしまってすみません。おっくんです。

お問い合わせの件ですが、
バインドの方向は「戻りやすい」「戻りにくい」の差はあるのですが
基本的にどの方向からでも掛けることができます。

ブレイクアウェイの場合、
リバーストラピーズからバインドをかけるのがセオリーなのですが
無理をすれば、トラピーズから戻すことも出来ます。

とはいえ、
普通のトラピーズ状態からバインドをかけるのは非常に難しくなっているのでイレギュラーなやり方になってしまうのですが、左手を上に上げ、右手を下に下げた状態でヨーヨーに糸を巻きつけてバインドをかけてみて下さい。形が形なので不自然な戻り方になりますが、手元にヨーヨーを戻すことが出来ると思います(トリック全体の形やキャッチ後のヨーヨーや手の向きに無理のあるトリックなので普段使いはされないほうがいいと思います)

このことから、回転方向によってバインドの向きが決まっているのではなく糸を当てる角度が重要であることが解ります。

などの、ヨーヨーを飛ばして糸に引っ掛けるバインドはヨーヨーが糸を巻き込みつつ飛んでいっているので、ヨーヨーに糸が巻きつきやすく、様々な方向からひっかけてもバインドになることが多いです。

以上、参考にして頂ければ幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

今回はバインドの向きに関するお問い合わせでした。

バインドは投げる方向に関わらず、様々な形で行うことが出来るのですが
その後のスローや流れを崩さない向きで決めるようにしたいですね。

メールマガジン「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation では、
あなたからのヨーヨーに関するご質問やお便りを受け付けています!

あなたからのお便りが、僕にとって何よりも大きいモチベーションとなります。
以下のページから、どしどしお寄せ下さい。お待ちしています!

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139