コラム

【コラム】ヨーヨーは1日にどれくらい練習すればいいのか。

HIRA86_MBAkey500-thumb-1057x700-5007

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

「ヨーヨーって1日にどれくらい練習すればいいんですか?」というご質問を定期的に頂くので、コラム形式で僕なりの答えを書かせて頂きます。

その前に、ひとつ質問をさせて頂くのですが、「大学受験をひかえている受験生」に「大学に合格するためには毎日どれくらい勉強すればいい?」と聞かれた場合、あなたは何と答えますか?

・・・

3時間、6時間、9時間、自分で勉強するだけじゃ無理だから予備校へ行きなさい・・・等々、様々な回答例があると思います。

でも、僕は、まず「今の学力はどれくらいで、どこの大学に行きたいの?」と聞きます。現在の学力や目指す大学によって、努力の量は全く異なるからです。

ヨーヨーにおいても同じことが言えます。現在の腕前と目指すレベルによって毎日の練習時間は大きく異なります。なので、他の人がこれくらい練習をしているから、自分も同じくらい練習をしないといけない、なんていうことはありません。自分の目指す目標に対して適切な量の努力をすることが大切です。

ここからは僕個人の、ヨーヨーや趣味に対する価値観のお話になるのですが、多くのプレイヤーの方は楽しい趣味としてヨーヨーと関わっていきたいとお考えだと思いますし、やりたいときにやるのが一番だと考えています。

気が乗らないときは振らなくて良いと思いますし、他のプレイヤーに比べて練習をしていないということに対して引け目を感じる必要もありません。「ヨーヨーがしたい」と感じたときに振るのが、一番楽しいです。

また、楽しくヨーヨーを振ることを目標とされるのであれば、やりたいトリックを、使いたいヨーヨーを使って練習をされた方がいいと思います。いまの段階ではこのヨーヨーを使わないといけない、このトリックを練習しなければいけない、というルールはありません。

という訳で、結論になるのですが、「ヨーヨーの練習時間は目標によって異なる」という事になります。大会で上位を狙っていくことを目標とするのであれば、かなりの練習量が必要になりますし、楽しくヨーヨーを振ることを目標とするのであれば、やりたいと感じる時にやるのが良いと思います。

ただ、練習に割くことが出来る時間というのは限られていますし今後も、その限られた時間をより楽しく有意義なものにするお手伝いが出来れば、と思っています。

 

モデリング

tulips-263513_640

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

今日は、読者様から頂いたご質問と、そのお返事を掲載させて頂きます。
(読者様の許可を頂いた上で掲載しています)

本日はRさんから頂いたお便りをご紹介します。

 いつも楽しく拝見しています。
今回はおっくんさんに最近疑問に感じた事と言うか、
気になった事を質問したいと思いメールしました。

最近いろんな人のフリースタイルを見る事が多くなり、
私の中ではあまりごちゃ系は使わない
(厳密には多少使うけど、あまり奇抜な絡め方はしていない)けど
物凄いスピードで技を決めていくスタイルが1番かっこ良く感じました。

とはいっても同じスピードプレイヤーでもいろんなプレイヤーがいますので、
「A選手のあの動きいいな。」「B選手のホリゾンタル凄いな。」
と思いながら見てるとだんだんごちゃごちゃしてきて
自分がどんな技がやりたいのかわからなくなってしまっています。
かといって言い方は悪いんですが
完全にその人の技をパクったりするとヒンシュクを買いそうですし、
やはりフリースタイルやクリップビデオは
何人か同じタイプのプレイヤーのビデオをみてアレンジした方がいいでしょうか?

それともこの人がかっこいいと思ったら、
その選手の過去のフリースタイルをまず片っ端から見て
(なんとなくでも)真似して自分なりにアレンジをしていった方がいいでしょうか?

ちょっと文章がわかりにくくて申し訳ないんですが、回答いただけると嬉しいです。

R様、お便りをありがとうございました。
以下、僕からの返信です。

 いつもメルマガをご覧頂きありがとうございます。おっくんです。

お問い合わせの件ですが、まずは、
自分が「かっこいい!」と思えるプレイヤーのトリックをコピーすることから始めてみるのが、
一番良いと僕は思います。

トリックをコピーしていくことが個性の邪魔をするとは余り思えませんし、
それに対して、マイナスイメージを持たれる方も多いようには感じません。

なので、目指すスタイルに対して、必要なトリックが足りない!
という段階にいらっしゃるのであれば
どんどんトリックをコピーして、レパートリーを増やしてみて下さい。

そして、レパートリーが増えてきたら、個性を生かし、
オリジナルのトリックを作っていきましょう。

トリックを作る際には、こちらのコラムがお役に立つかと思います。
http://yoyoeducation.jp/?p=328

とはいえ、フリースタイル動画を参考にしてのトリックの完全コピーというのはなかなか難しいので
動画を参考にしながら見よう見真似でやっているうちに
個性が混じって自分のトリックになった、なんて事も結構あります(僕がそうでした)。

なお、余談になりますが、主に「ストレート系」「レール系」「ブレインツイスター系」といった
糸と糸とがクロスしないトリックやコンボを中心に構成なさると、
スピード感が出て、良いと思います。

あと「ロック系」といった、ヨーヨーに糸を引っ掛けて固定する動きも
途中でヨーヨーが外れにくいので、スピードが出せますし、オススメです。

逆に「乗せ変え系」「インフルエント系」などは、スピードが出しにくくなっています。
が、スピードを出す部分の見栄えを良くするために、
あえてゆっくりプレイする部分を入れると、メリハリがつき、
印象の強いフリースタイルにはなります。

参考になれば幸いです。

今回は有名プレイヤーを参考にする際のスタンスに対するご質問でした。

個人的には、どんどん真似をして、引き出しを増やしていくことが大切だと思いますし
フリースタイルビデオを参考にするだけでのトリックの完全コピーというのは本当に難しいので
コピーしていく過程で自然と自分のクセが混じって、
オリジナルのトリックが生み出されることも多いです。

メールマガジン「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation では、
皆様からのヨーヨーに関するご質問やお便りを受け付けています!

皆様からのお便りが、僕にとって何よりも大きいモチベーションとなります。
以下のページから、どしどしお寄せ下さい。お待ちしています!

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

シグネチャーヨーヨーができるまで

sunset-234925_640

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

キドシンヤ氏が、自身のモデルである「KROWN」についてのコラムを執筆されています。

http://yoyonews.jp/20140303/15948/

かなりのボリュームの開発秘話となっており、必見です。
KROWNは何度か使用したことがあるのですが、
全くクセがなくて扱いやすく、
それでいて様々な要素が非常に高いレベルでまとまっている、
競技ヨーヨーとしてはトップクラスと言えるヨーヨーとなっており、
自信を持って万人にオススメできるモデルです。

キド氏のコラムを拝見していて、ふと、僕も自分のモデル
「ドレッドノート」を企画していた時の事を思い出してしまいました。

大昔にとあるブログで開発の経緯を書かせて頂いたのですが
近日中に本文をリニューアルしてご紹介したいと思っています。

http://yoyonews.jp/20140303/15948/