コラム

大会について思うこと

2016csyc03

昨日はスケジュールの合間を縫って関西ヨーヨースクールにお邪魔してきました!今週末が西日本大会ということで出場選手の方が大勢参加されており、各選手が当日披露されるフリースタイルを拝見することが出来ました。

出場される選手の皆様の健闘をお祈りしています。

突然ですが、ヨーヨーの大会では順位と同じくらい「自身のフリースタイルの出来」も大切だと僕は感じています。というのも、僕もこれまでにたくさんの大会に出場してきたのですが、フリースタイルの出来が悪いにも関わらず順位が良い場合は、何だか釈然としないことが多いからです。

もっと決まっていればもっと順位が良かったはず、という悔しさではなく、自分が一生懸命考えて練習したフリースタイルを、納得がいくレベルで披露することが出来なかった、という事に対するやりきれなさが原因ですね。

逆にフリースタイルの出来が良くて順位が振るわなくても、やりたかった事が出来たから良かった、という充実感があることが多かったです。

また、結果が「全てのプレイヤーが納得する内容」になりにくいことも、フリースタイルの出来に価値を見出すべきだと感じる一因です。

と言うのも、学力テストや短距離走のように誰の目から見ても勝敗や順位が解るシーンとは違い、ヨーヨーの大会は当日各選手が自由に披露する演技内容をジャッジが目視し、それを瞬間的に判断するというルールになっており、前述したような非常に明確な判断基準のもとで行われるものではないからです。

なので「俺はこの選手のほうが上手いと思うし、この順位はおかしい」というプレイヤーがいることは当然ですし、どのような結果であっても、全てのプレイヤーを納得させることは難しいでしょう。

ただ、ルールの自由度の高さが演技内容の幅に広さに繋がっていることは確かですし、僕は決してルールや審査内容に関するお話がしたい訳ではありません。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、以上のことから順位だけに価値を見出すのではなく、自身のフリースタイルの出来にも価値を求め、大観衆の前で納得いく内容のフリースタイルが出来た自分を褒めてあげることは、大会やフリースタイルを楽しむにあたり大切なことだと僕は思います。なので、大会のときはいつも「全ての選手が、自分自身で納得がいく内容のフリースタイルをすることができればいいなぁ」と思っています。

もちろん競技会ですから、順位を追い求めることは純粋で尊く、選手としての本来の姿だと思います。ですが、このような考え方で大会に臨むのもひとつの選択肢かなと常々感じているので、甘っちょろい考え方だと思われるかも知れませんが、こんなコラムを書かせて頂きました。

選手の皆様の健闘をお祈りしています!

 

 

 

 

ルーピングトリックがやりやすいストリングの長さとは?

xvdfh

 

昨日のリバースループについてのご質問を投稿して下さったプレイヤーの方から再度お便りとご質問を頂きましたので、お便りの内容と僕からの返信内容を、許可を頂いた上でご紹介させて頂きます。リバースループについてのご質問内容と返信内容はこちらです。

リバースループの練習方法について
http://yoyoeducation.jp/?p=3733

 

お便りの内容です(原文まま)

丁寧な回答、ありがとうございました!参考にさせて頂き、もうちょっと頑張ってみようと思います。m(_ _)m

私の実力はダブルループは10回以上、オーバーもホップも10回以上、シュートザムーンも5回くらいならできる程度のものです。今は両手で出来るトリックをちょっとずつ拡張させていってる感じなのですが、昔憧れた(?)リバースループだけは、一向に、まったく感覚が掴めません。左手のループができなかった頃のときより絶望しています。使用機はレイダーです。

もう1つよろしければお知恵を頂きたいのですが、ストリングもやはり長いと難しいのでしょうか?(長いと言っても昔のハイパーヨーヨーの規定にそった長さです)他のヨーヨープレイヤーさんの動画を見てもやはり昔の規定よりストリングが短めになっているように思います。

 

僕からの返信です(原文まま)

こんにちは!おっくんです。youtubeへのコメントのご投稿、ありがとうございました。お陰でよい解説コラムを作成することが出来ました。

リバースループですが、スローダウン(スリーパーの要領で下に投げ、そのままスリープさせずに手元に戻すトリック)を前方に向けて行う、と考えて頂けると、現在とは異なる視点で取り組んで頂けるのではないかと思います。

最初は返すことや続けることは考えず「投げてスリープさせずに戻すこと」だけに専念して練習して頂くのが一番だと思います。

ストリングの長さですが、昔のハイパーヨーヨーのガイドブックなどでは、おへその位置を基準としてストリングの長さを決めていた記憶があります。が、これではインサイドループならまだしも、リバースループを行うにしては長すぎます。もう少し短めの糸を使用して頂いた方が、投げた際にストリングを伸びきらせやすく、力も伝わりやすいはずです。

参考までに僕(身長172cm)のストリングの長さについてお話しさせて頂くと、僕はレイダーを使用する際は71cm前後のストリングを使用しています。この71cmとは「ストリングのヨーヨーを付ける部分~フィンガーホールの末端」の長さです。今からヨーヨーに取り付けて練習できる状態のストリングの端から端の長さですね。

ヨーヨーのセッティングや糸の太さなどにもよるので何とも言えないのですが、ひとつの参考として頂ければ幸いです。

僕のストリングは他のプレイヤーの方と比べると若干(2cm~3cm程度)長いようなので、もう少し短くてもいいかも知れませんね。

練習頑張って下さい!

 

ルーピングヨーヨーのストリングの長さについても「数値で何かしらの基準が欲しい」と感じられている方が多いのではないかと常々感じておりましたので、2Aプレイヤーではない僕のデータで申し訳ないのですが、具体的なストリングの長さを併せて紹介させて頂きました。若干長い、と言われることはたまにありますが「短い」「長すぎ!」と言われたことはないので、そこまで的外れな長さではないと思います。

ひとつの参考にして頂ければと思います。

 

 

 

ストリングの種類と性能について

o0600020012673560735-600x180

何だか最近ヨーヨー界のニュースばかり紹介している気がするので、コラムとか考察とか、yoyoeducationならではの記事をもっと増やしていきたいと思います。という訳で、今回は「ストリングの素材による使用感の違い」についてお話しします!

現在、ヨーヨー界には大きく分けて4種類の素材の競技用ストリングがあります。

■コットン100%

■コットン50%・ポリエステル50%

■ポリエステル100%

■ナイロン100%

大体こんな感じですね。では、それぞれの特徴についてお話ししていきます。

 

続きを読む

「ヨーヨーを始めたいんだけど何を買えばいいの?」という問いに答えられますか?

346357

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

とちなんのMasayaさんが「最初に購入するヨーヨー」についてのコラムを書かれています。

ヨーヨー購入アドバイス(2015年版)
http://ameblo.jp/velvetroll/entry-12058946224.html

非常に丁寧な内容となっており、既にヨーヨーをされている方にとっても「これからヨーヨーを始めたい!」という方にアドバイスをする際の参考資料になります。日本での世界大会がきっかけでヨーヨーに興味を持たれる方もいらっしゃると思いますし、そういった方に楽しくヨーヨーを振って頂けるようなアドバイスが出来るようになっておきたいですね。

私見ではありますが、世界大会が終わった後は業界全体が少し落ち着いていくように感じています。なので、新しくヨーヨーに興味を持った方や、現在ヨーヨーをされている方が今後も楽しくヨーヨーを振り続けられる環境を作っていくことは、業界全体としても、いちプレイヤーとして楽しくヨーヨーを振っていくためにも、本当に大切な事だと思っています。

僕も、微力ではありますが、ヨーヨーの活動をしている者のひとりとして、色んな形でよい環境を作っていけるように努力をしていきたいと思います。

Masayaさんのブログ「Fossilized Play, Obsolete Gear」
http://ameblo.jp/velvetroll/

 

 

ヨーヨーの「戻り」で悩んでいませんか?(3)

HIR86_danborukarakaodasu20140614500-thumb-1050x700-5018

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

「ヨーヨーの戻りが強すぎるから弱めたいんだけど、どうすればいいの?」
「ヨーヨーが全然戻ってこない!何が悪いの?」
「突然ヨーヨーが引き戻しになっちゃって困ってるんだけど。」
「微妙な調節ってどうすれば出来るの?」

・・・などなど、ヨーヨーの戻りに関する悩みも挙げていけばキリがありません。

なので「いまさら人に聞けない・・・」なんていう基本的な原因から「それは知らんかったわー」という、あっと驚く理由まで、色々とお話ししていきたいと思います。

今回は「ベアリング」のお話です。

ヨーヨーの戻りのほとんどは「パッド」「ストリング」で決まってくるのですが、このベアリングも、戻りに影響を与えている要素です。
基本的には、ノンオイルだと戻りが悪く、何かのオイルを差していると、戻りが良くなります。オイルをさしている場合は、オイルの粘性が高ければ高いほど、回転力が落ちるため戻りが良く、オイルの粘性が低ければ低いほど、回転力への影響が小さくなるので戻りは悪くなります。

ここで「オイルやグリスって必要なの?」という疑問がわいてくるかと思うのですが、個人的には「必要ありません」。

1Aヨーヨー用オイルをリリースされているメーカーから怒られそうですが(笑)色々と試した上で、僕は「オイルを差さないドライ状態が一番」という結論に至りました。

「ベアリングが痛むんじゃないの?」というご意見も頂きそうですが、僕が凹型ベアリングを使い始めた2005年から現在まで、ドライ状態で使って壊してしまったベアリングは「4個」です。単純計算で「2.5年に1個」ですね。

以上の経験から、ドライ状態で問題ないと思っています。

1個も壊したくない!という場合はオイルを差してもいいかと思うのですが、使っている時に最大限気持ちよく使えるメリットの方が、ベアリングが壊れるかもしれないデメリットより勝っていると僕は思います。

また、最近は、ドライ被膜という技術の登場により、ドライ状態のベアリングの保護や、痛んだベアリングのリペアなどが可能になっているので1A用ヨーヨーベアリングへのオイルの需要は少なくなっているように感じます。

なお、ドライ状態であっても、回転のなめらかさによって戻りの強さが変わってきます。回転がなめらかだと戻りは悪くなりますが、回転がゴリゴリしていると戻りがきつくなります。とはいえ、ゴリゴリ状態だとプレイに大きな影響が出てしまうので、ここで戻りを調整するというのは現実的ではありません。なめらかなベアリングを目指しましょう。

ケースバイケースですが、ヨーヨーに取り付けたベアリングを思いっきり指ではじいて、3~4秒以上回らない場合は、回転力に難があり、戻りにも影響を与えている可能性が高いです。洗浄を行うか、リペアをするか、取り替えましょう。

また、トラピーズ状態で、右手を上げ下げすることで戻りの状態の確認をする方法もあります(こちらのほうがおすすめです)。普通にトラピーズをして、両手を少し近づけて、左手の位置を固定して、右手を上下に動かして下さい。右手を持ち上げた時にヨーヨーの中に糸が巻き付いてしまう場合は要注意です。ベアリングの調子を確認してみましょう。

最後になりましたが、ベアリングの「直径」によっても戻りは変わってきます。基本的には径が大きいほうが戻りが悪く、小さいほうが戻りが良いです。ただ、ベアリングの大きさというのは簡単に変えられるものではないので、一度、小さいベアリングの機種と大きいベアリングの機種を使ってみて、どちらがしっくりくるかを確かめた上で、使用機種を決めていく、といった感じで良いでしょう。

という訳で、全3回に渡ってお送りしてきた「ヨーヨーの戻り」に関するコラムでしたが、いかがでしたでしょうか。ここまでの内容を参考にして頂き、しっくりくるフィーリングのヨーヨーを目指してみて下さい。

 

【コラム】ルーピングトリックを覚えたいプレイヤーの方へ。

YYJ_UNLEASHED_Toshiaki

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

最近、様々なメーカーから様々なルーピングヨーヨーがリリースされており、どれを選べばいいのか困ってしまう方も増えているんじゃないかと思いますので、ファウンテンの上げ下げがやっと出来る程度の腕前ではありますが、僕がガイドをさせて頂こうかと思います。

といっても、どれを使えばいいのか・・・と悩んでいる方の多くは、これからルーピングトリックやダブルループにチャレンジしよう!という段階なのではないかと思いますし、その前提でお話をさせて頂きます。

基礎的なルーピングトリックを覚えるにあたってお勧めのヨーヨーは、ずばり「アンリーシュト(ヨーヨージャム)」です。

YYJ_UNLEASHED_Toshiaki

http://spingear.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=285
画像は全てスピンギアさんからお借りしています

・・・とお答えすると、正直に申し上げて微妙な顔をされる方も多いのですが、個人的にはここまでループ/ダブルハンド初心者に優しいヨーヨーは無いと思います。その理由として・・・

 

1:すぐにギャップが調節できる

ルーピングヨーヨーにおいて重要な要素のひとつである「ギャップ」ですが、このギャップの調整が他のどんなヨーヨーよりも容易であることが最大の理由です。スペーサーの交換も、キーも必要なく、ひねるだけでOKです。

「ギャップなんて一度決めちゃえば固定でいいじゃない」というお声を頂きそうですが、その固定ギャップ幅を見つけるために役に立つのがアンリーシュトです。

どれくらいのギャップ幅だとどんな感じのフィーリングになって、どんなトリックがどのような感じで行えるのか、といった事を体験し理解して頂くにあたり、ギャップの調整に複雑な作業やヨーヨーの分解を伴わないアンリーシュトは最高の練習相手だと言えます。練習しながら徐々に開けたり閉めたりして、トリックとギャップの関連性を学んで下さい。

unr_2

 

2:フィーリングが柔らかい

多くのルーピングヨーヨーはヨメガサイズのベアリングを採用しているのに対し、アンリーシュトはジャム小径サイズのベアリングになっているので、感じ方に個人差はありますが、気持ちよくルーピングトリックを行えるフィーリングだと思っています。表現が難しいのですが、ヨメガサイズベアリングのルーピング機種の「ヨーヨーが伸びきったときの突っ張る感じ」や「カチャカチャした感じ」が苦手な方には、一度試してみて頂きたいです。

unr_3

 

3:重量の調節が出来る

これは他にも調節出来るヨーヨーが無いわけではないのですが、アンリーシュトの特徴のひとつだと思っています。キャップを外したり、中に紙キャップを追加してみたり、ウェイトを付けたり・・・色んなカスタマイズを楽しんでみて下さい。

YYJ_UNLEASHED_WhiteRed
「1」がおすすめ理由の80%くらいを占めているのですが、このような理由から、ループ/ダブルの初歩トリックを覚える際のヨーヨーとして、僕はアンリーシュトをお勧めしています。このコラムを読んでピンときた方は、是非一度試してみて下さい。