アーティキュレーション

motorcycle-188865_1280

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

奇抜かつ競技用としても超高性能なヨーヨーを生み出し続ける
「ヨーヨースタジオリャマ」から、
最新ヨーヨー「アーティキュレーション」がリリースされました!

http://llama.thebase.in/items/222232

気になるスペックは・・・

・リム:ステンレス
・ボディ:超々ジュラルミン
・直径:51mm
・全幅:38mm
・トラピーズ有効幅:34.5mm
・重量:61.5g
・ベアリング:Cサイズ
・レスポンス:リングサイズ

超アンダーサイズかつ軽量のバイメタル・・・という、前作コンチェルトに引き続き、とても奇抜なスペックとなっています。
細かい乗せ換えをするときに、特に性能を発揮するモデルですね。

また、振り回しやすく掛けやすいスペックから、ラセレーションにもバッチリ対応出来そうです。

http://llama.thebase.in/items/222232

性能ももちろんですが、デザインにも注目。ジュラルミンとステンレスの比率が絶妙で、とても美しいデザインに仕上がっています。ヨーヨーバッグを開けたときにこれが入っていると、テンションが上がりそうです。

なお、今回は

・メタリックリャマステッカー
・ヨーヨースタジオリャマTシャツ(バーガンディxオフホワイトカラー)

が付いてくるという豪華仕様。

ご自分のクリスマスプレゼントや、冬のボーナスの使い道としては最高ですね!

http://llama.thebase.in/items/222232

両立できない要素の両立

northern-188767_1280
おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

yoyorecreation最新にして最強のヨーヨー「ドラウプニル」ですが、
皆様はもうお持ちですか?

tumblr_ms57bvtSny1s2j30mo1_1280
http://yoyorecreation.jp/draupnir.html

2013年度の全国大会で発表されて以来、
コンテストシーンにおいても圧倒的なシェア率を誇るヨーヨーですが、
なぜ、ここまで人気があるのか・・・

その理由は、やはり「両立できない要素の両立」にあると思います。

スペック上では63.5gと、競技用ヨーヨーとしてはかなり軽量な部類に入り、
実際に使用してみると確かに軽い、というか軽すぎるのですが
この軽さでは絶対に有り得ない安定感があります。

普通、軽いだけのヨーヨーだと動かしやすい事は動かしやすいのですが
どこに飛んでいくか解らない不安定さも併せ持っており、
使い手をかなり選んでしまう性能のものが多かったように思います。

eb22bf7a906b7f73af3d68cd620dade7-525x500
http://yoyorecreation.jp/draupnir.html

しかし、ドラウプニルはこのセオリーを覆し
「軽いけど安定感のあるヨーヨー」を実現しています。
圧倒的に動かしやすいにも関わらず、確かな安定感。
それは当然スピードにも直結します。
コンテストシーンにおいてこれほど心強いヨーヨーは無いでしょう。
ヨーヨー歴15年の僕としては、軽いカルチャーショックを感じる性能です。

44d29d2792be3bad9a9ed98c7bbb20d6
http://yoyorecreation.jp/draupnir.html

お値段はちょっと張ってしまうのですが
この「ありえない両立」を、皆さんも体感してみてください。

http://yoyorecreation.jp/draupnir.html

【Q&A】練習時のマンネリを打破する、あっと驚く解決法

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は、メルマガ読者の方から頂いたご質問と、僕からの回答を、質問された方の許可を得た上でご紹介させて頂きます。

 

>東京都のRさんからのご質問

こんばんわ、毎回届くたびに楽しく読ませていただいてます。

最近トリックバリエーションが増えず、ただいたずらにコンボを複雑にしていくあまり面白みのない発展しか出来ておらず、モチベーションが下がり気味です。こんなときおっくん塾長はどういう風に気分転換又は新しさを取り入れていますか?動画を地道に解析していくのが良いのでしょうか…アドバイスお願いします

 

>僕からの返信です

いつもメルマガをご購読頂きありがとうございます。おっくんです。

ご質問の件ですが、気分転換をしたい時は、普段まったくやらないようなトリック(普段練習されているのがコンボなら、イーライズホップ系や、インフルエント系や、ビハインドバック系など)をやってみたり、普段まず使わないようなスペックのヨーヨー(普段使っているヨーヨーと比べて直径や幅が3mm以上違うヨーヨーや、重量が5gくらい違うヨーヨーなど)を使ってみるのがオススメです。

糸の長さを変えてみるのもいいですね。そうすることで新しいひらめきに出会えたり、今までの技術を応用して新しい道が開けたり、意外な発展のさせかたを思いついたりすることが多いです。

ヨーヨーに限らず、何かが頭打ちになった時は、その分野を更に努力して乗り切ろうとするのではなく、気持ちを切り替えられるような、全く違う分野で努力してみると、頭打ちになっている分野まで解決できる事が結構あります。

ちなみに、もっと極端な改善をするなら、1週間ヨーヨーに触らない、というのも、冗談抜きでおすすめです。1週間後にはかなり新鮮な気持ちでヨーヨーに取り組めるので、今よりは間違いなく楽しめると思いますよ。

あと、コンボも自分の中で作るだけでは、どうしても面白みに欠けてしまうものです。ヨーヨー友達に見せたり、練習会などで披露したり・・・と、自分以外の人から評価を求めるようにすると、世界が広がりますし、次にもっと凄いコンボを見せたらどんな反応が返ってくるだろう・・・と、モチベーションのアップにも繋がっていくと思います。

youtubeなどに動画を投稿し、全世界の人に見て貰うのも、面白いですね。動画をアップロードされた際は是非ご連絡下さい。メルマガやブログにて紹介させて頂きます!

 

>今回はマンネリに関するご質問でした

マンネリを打破するためには「ちょっと」変わったことじゃなくて「かなり」変わったことをするほうがいいですね。

マンネリのまま頑張るのは、ヨーヨーそのものが嫌いになったりするので、結構危険です。

 

>ヨーヨーに関するご質問はありますか?

メルマガ「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation.jpでは、あなたからのヨーヨーに関するご質問を募集しています!以下のページから、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

また、メルマガ・ブログでの掲載依頼(新商品・練習会・活動の告知など)も受け付けておりますので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

 

汗で糸が滑らない!素手派にありがちな悩みを簡単に解決する方法

pine-forest-188835_1280
おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は「練習中の汗で手がベトベトになって糸が滑らない・・・」なんていう、
素手派のプレイヤーなら誰しもが経験する悩みを一挙解決する方法をお教えします。

というか、今までも色んな対策がなされてきた問題ではあります。
僕が知っているだけでも、

手袋を使う
制汗スプレーを手に噴射
食器用洗剤「キレイキレイ」で手を洗う
ベビーパウダーを手に散布

などなど、探せばもっと出てきそうです・・・
僕も素手派なので今まで色々試してきたんですが、
最近行き着いた結果が「フェイシャルペーパー」でした。
顔の油を取るウェットシートですね。

といっても、メーカーが限定されるんです。

いつも僕は顔を拭くのにギャツビーのものを使ってたんですが、
保湿の効果?があるのか、拭き終わった後はややべたつく感じでした。

そこで先日たまたまメンズビオレのものを使ってみたんですが、
ビオレだと乾いた後はサラサラ。
これはもしやと思い、手を拭いてみたところ、狙い通り、
めちゃくちゃ滑りが良くなりました。

軽く拭くよりは、しっかり拭き取る感じで使うのがポイントです。

http://www.kao.co.jp/biore/mens/lineup/face/power_sheet.html

今知っている中では、いつでもどこでも最も気軽に実践できる汗対策ですね。
是非、試してみて下さい。

アートとヨーヨーの融合

portugal-188871_1280
おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

11月3日に、北海道は札幌で行われるヨーヨーコンテスト
「エゾン」の紹介をさせて頂きます。
http://ezone-sapporo.jp/

「アートや音楽」と「ヨーヨー」の融合をメインテーマとされている
今までにない新しいコンセプトの大会になるようです。

会場となる「モエレ沼公園」は、彫刻家のイサムノグチ氏による設計で
まるで美術館のような美しいモニュメントになっています。

演技順です。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=604002379645417&set=a.557004741011848.1073741828.556996721012650&type=1&relevant_count=1

会場のモエレ沼のイメージビデオです。

PV

PV

めちゃくちゃ参加したいのですが、ちょっと遠いです・・・
参加された皆さんからの情報提供をお待ちしています!

【Q&A】新しいトリックをひらめくためのコツ

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は、メルマガ読者の方から頂いたご質問と、僕からの回答を、質問された方の許可を得た上でご紹介させて頂きます。

 

>神奈川県のTさんからのご質問

非常に多くのトリック配信及び解説ありがとうございます。質問なのですが、トリックを考える時は、どのように思いつくのですか?また、トリックを考える時は、「よし!今日は新しいトリック作るぞ!」とトリックを考える気持ちでトライするのですか?以上、お忙しいとは思いますが宜しくお願いします。

 

>僕からの返信です

新しいトリックを作るときは、余り意識していない事の方が多いです。では、新しいトリックが出来る瞬間はどんなときか?というと・・・

・他のプレイヤーのフリースタイルを見ていて閃いたとき

あ、こんなやり方があったんだ!面白い!と感じた時は、すぐにヨーヨーを手にとって、感じるままにヨーヨーを振るようにしています。細かく解析したり丸々コピーしようとするのではなくトリックの全体的な雰囲気を自分なりにアレンジする感じでやってますね。

・好きな音楽を聴いているとき

ちょっと特殊なひらめき方になるんですが、好きな音楽を聴いてるときってテンションが上がりますよね。そんな時に気分に任せて体を動かしながらヨーヨーを振っていると、ふとひらめくときがあります。

・時間を空けて練習を再開したとき

1週間くらいヨーヨーに触らなかった後で練習してみたりすると、5分以内に新しいトリックをひらめく可能性が高いです。先入観や習慣が取り払われて、新鮮な頭と体でヨーヨーが出来ているせいでしょうね。

なので、行き詰まった時は無理に練習をするのではなく、1週間くらい放置してから再開されることをお勧めします。苦戦していたトリックがいつのまにか出来るようになっていた・・・なんてことも結構あります。

僕の場合、この3つのケースでひらめくことが殆どですね。参考になりましたら幸いです。

 

>今回はトリックの作り方についてのご質問でした

コンボは意識して作ることが出来るのですが、新しいトリックはこのようにして生まれることが多いですね。

 

>ヨーヨーに関するご質問はありますか?

メルマガ「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation.jpでは、あなたからのヨーヨーに関するご質問を募集しています!以下のページから、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

また、メルマガ・ブログでの掲載依頼(新商品・練習会・活動の告知など)も受け付けておりますので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。