【トリック解説ビデオ】クラッシュ・オア・ナッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は有名な基本トリックのひとつ「クラッシュオアナッシング」。通常のダブルオアナッシングは「左手人差し指→右手人差し指→左手人差し指」の順で行いますが、クラッシュオアナッシングは「左手親指→右手人差し指→左手人差し指」の順で行います。単にかける指が違うだけではなく、完成した状態から「左手親指」と「右手人差し指」の糸を落とすとトラピーズの形に戻るのが特徴です。

 

トリックのビデオ

 

1:ダブルオアナッシングの練習

前提となるトリックがダブルオアナッシングなので、まずはそちらを余裕を持って出来るようになるまでしっかりと練習しましょう。ブレイクアウェイから一発で入れるのが理想ですね。

 

 

2:親指を使う練習

次はクラッシュオアナッシングの特徴である親指を使った練習に移ります。

実際にトリックを行う前に確認して欲しいのが左手の形です。ビデオのように親指以外を握り込んで親指だけを前方に出しましょう。こうすることで他の指に糸がかかることを防げます。

左手の形を作れたら実際に糸をかけていくのですが、いきなりダブルオアナッシングの形に持っていくのではなく、左手親指にかけたらひと休憩、右手人差し指にかけたらひと休憩、といった感じでひと手順ずつ練習しましょう。最後に左手人差し指にかける部分では親指を引っ込めて人差し指だけを前に出して下さい。

 

3:完成させる

最後はブレイクアウェイから入る形を目指していくのですが、トリックの途中で手の形が変化しないダブルオアナッシングと比べるとクラッシュは左手が忙しく、難易度が高いです。そのため、まずは余裕を持ってブレイクアウェイからのダブル~が出来るようになるまで練習し、しっかり練習ができたと感じてからクラッシュ~の練習に移って下さい。

 

使用ヨーヨー

ディフュージョン(ヨーヨーリクリエーション)

yoyoeducation-catch-diffusion

 

SNSでもご購読できます。