右手の糸の輪の中に下からヨーヨーを通すトリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はリストマウントで右手に作った糸の輪に下からヨーヨーを通してトライアングルを作るトリック。なかなか繊細なヨーヨーコントロール力が求められるトリックです。

 

トリックのビデオ

 

1:右手の糸の輪を作る

途中までは普通のリストマウントなのですが、最後に全ての糸をほどく際に、右手にかかった糸だけを残して下さい。指を外にしっかりと広げると糸を残しやすいと思います。

 

2:ヨーヨーを通す

右手の糸の輪を作れたら、輪に対して「下から」ヨーヨーを通していきます。最初はどうしても右手や糸にヨーヨーが当たってしまいがちなので以下の点を意識しつつ練習してみましょう。

適切な両手の間隔を見極める

ヨーヨーの回転を止めた状態で構わないので、ヨーヨーが糸の輪を通っている時の「両手の間隔」を調べてみて下さい。そこから近すぎても遠すぎてもアウトなので、適切な間隔を見極めてしっかりと覚えましょう。

力任せに行わない

通す際にヨーヨーに勢いを付けすぎてしまうと、うまく通せなかったり、通せても次のステップに進めないことが多いです。通し終わったところで「ヨーヨーの動きが止まる」ような加減でやってみましょう。

通す直前までの動作を繰り返す

通す直前までヨーヨーを動かし、ヨーヨーを元の位置に戻す練習も繰り返してみましょう。振り子のような感じですね。

右手の糸の輪を出来るだけ大きくする

糸の輪が小さいとヨーヨーを通すことも難しくなりますので、右手の指をしっかりと広げて大きな輪を作りましょう。また、右手の目の前にある「糸の結び目」がずれてしまうと輪が小さくなってしまいがちなので、右手はなるべく動かさず、ヨーヨーだけを動かしましょう。

直径の小さいヨーヨーを使う

これは裏技なんですが、直径の小さいヨーヨーのほうが輪をくぐらせやすいです。

 

3:トライアングルを作る

見づらいアングルで申し訳ないのですが、糸の輪をくぐらせた後は両手の間の糸にヨーヨーを着地させて下さい。着地させた後に右手の糸を離すとトライアングルができます。慣れてきたらここでトライアングルを作らず、次のトリックへと繋いでみましょう。

 

使用ヨーヨー

アクロ(リベリオン)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。