手を交差させながら糸をほどくトリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ダブルオン(2度乗せ)で糸をほどく動きを、手を交差させながら行うトリック。見た目ほど難しくはないと思うので、段階的に練習し構造をしっかりと理解して最終的にスムーズに通せるようになりましょう。

トリックのビデオ

 

1:1.5マウントのパス

まずは1.5マウントを行い、その形のままトリック全体を左手にパスする練習を行いましょう。糸を途中でたるませてしまうと、移動させる途中でヨーヨーが戻ってきてしまうこともあるので、ある程度の勢いを付けつつ糸の張りを保ちつつ練習して下さい。

 

2:ダブルオン

パスできたら、そのまま左手人差し指でリバーストラピーズを2回連続で行います。現在、ヨーヨーの真上に2本の糸が掛かっていると思いますが、この2本の糸を1本の糸に見立ててリバーストラピーズを掛けて下さい。
どちらか1本の糸にしか乗ってくれない場合は2本の糸の間隔を狭めてみましょう。

このトリックに限ったことではないのですが、リバーストラピーズを掛ける際は、掛ける対象の糸の張りを少しだけ緩めるのがポイントです。

 

3:手を交差させつつ糸をほどく

左手人差し指でのリバーストラピーズの2度乗せが出来たら、右手を左手にかぶせるように動かして両手を交差させ、右手人差し指の糸を離して下さい。ここまでの手順通りに出来てるのであれば、ここで糸が解けるはずです。

 

4:スムーズに行う

行っている動作そのものは以上になりますが、全ての動作を間髪入れずに行ったり糸を離すタイミングを早めることで、トリックの見栄えを良くすることが出来ます。まずは1~3を繰り返し練習し、余裕を持って通せるようになったら全体の流れや見栄えも意識してみましょう。

 

使用ヨーヨー

アクロ(リベリオン)

 

SNSでもご購読できます。