飛ばした糸の輪を巻きつけて逆三角形を作るトリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は「左手とヨーヨーの間の糸」に対して「右手と左手の間の糸」を飛ばして巻きつかせ、出来た糸の輪を使ってリバーストライアングルを作るトリック。たるませた糸を操る「スラック」トリックの中でも非常にとっつきやすい内容だと思っています。

 

トリックのビデオ

1:糸を飛ばす前に

 

たるませた糸を操る「スラックトリック」全般に言えることですが、基本的にはどこかで糸をつまむ等して固定しなければ、糸をたるませることは出来ません。

 

今回のトリックでは「右手と左手」の間の糸をたるませるので、ヨーヨーの真上の糸を左手でしっかりとつまみましょう。

 

つまんだ状態で右手と左手を近づけた際に両手の間の糸がたるんでいればOKです。

 

2:糸を飛ばす練習

 

ここでつまづく方が非常に多いのですが、糸は動かすのではなく「飛ばして」下さい。

 

ビデオのように、飛ばした糸を「軸となる糸」に巻き付けられるまで練習しましょう。

 

解る方にしか解らない表現になってしまうんですが、フライフィッシングの際のキャスティングのような感じです。

 

3:飛ばした糸をとらえる

 

巻きつかせて折り返してきた糸の輪を右手でとらえると、トライアングル/リバーストライアングルの直前の形になるので、ビデオを参考にヨーヨーをマウントさせて下さい。

 

とらえられるだけの長さの「糸の輪」を作ることが出来るかどうかが、このトリックの最大のポイントです。

 

使用ヨーヨー

 

ヨーヨーリクリエーション – メシア

 

yoyoeducation-catch-messiah

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。