トライアングルのマウントの形からウィップをかけていくトリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、トライアングルを作る際のマウントの形から直接スラックウィップを決めるトリック。糸の長さの管理が非常に難しい内容になっています。

 

トリックのビデオ

 

 

トリックのポイント

 

まずはこちらのビデオを参考に「スラックウィップ」をしっかりとマスターして下さい。

 

スラックウィップのコツ(yoyoeducation)

 

余談になりますが、上のビデオを参考にスラックウィップのビデオを習得して下さったプレイヤーの方が実演ビデオを公開して下さっています。ありがとうございます!

 

【ヨーヨー】スラックウィップ

 

1:スラックウィップがマスター出来たら

 

スラックウィップがマスター出来たら、後はトライアングルマウントからそのままスラックウィップを行うだけなのですが・・・普通のスラックウィップと比べて糸の輪の管理が段違いに難しいです。

 

最初は「ヨーヨーを糸から外したら即つかむ」くらいの感じでいいと思います。

 

糸の輪がヨーヨーに向かって飛んでいかなくてもいいので、とにかく「トライアングルマウントから糸の輪を作る」ことに集中して練習しましょう。

 

このとき、糸の輪の大きさが小さくなってしまいがちですが、最初のうちは気にせず練習しましょう。

 

2:マウントから糸の輪が作れるようになったら

 

糸の輪の形を整えてみましょう。まずは糸の輪の「幅」の整え方ですが、ビデオを参考に「右手人差し指~右手小指」の4本の指を使って広い輪を作りましょう。

 

 

次は糸の輪の「長さ」の整え方ですが、マウントさせた際に両手の中間あたりにヨーヨーがある状態で糸の輪を作ってしまうと長さが短くなってしまいがちです。

 

 

ビデオを参考に「右手付近」にヨーヨーがあるマウント状態から糸の輪を作ると比較的長い輪を作ることが出来るかと思います。

 

 

「幅」と「長さ」の2点に注意し、適切な形の糸を輪を作れるよう練習しましょう。

 

3:引っ掛ける練習

 

ここまでの手順と「スラックウィップ」がしっかりマスター出来ている方ならこの部分で苦労することは無いかと思うのですが、実際にやってみるとどれだけ頑張っても糸の輪の長さが足りなくなることに気付いて頂けるかと思います。

 

上でお話しした内容と似通ってしまうのですが

 

・可能な限りヨーヨーと右手を近づけたマウントから糸の輪を作る
・4本の指で早めに糸をつかむ

 

この2点を意識して練習してみて下さい。

 

使用機種:リベリオン – ドレッドG
http://yoyoeducation.shop-pro.jp/?pid=92843988

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。