リバースループの練習方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前youtubeで公開した「リバースループの解説ビデオ」に質問コメントが寄せられており、同じ悩みを持つプレイヤーさんが多いんじゃないかなぁと感じるご質問内容だったので、シェアさせて頂きます。

 

 

以前公開したリバースループの解説ビデオです。

1年くらい前に公開したビデオで「今ならもっと上手に解説出来るのに」と感じる内容ですね・・・

さて、今回のご質問は・・・

リバースループをしようとすると、そのままスリープしてしまいます。スリープがしないようなセッティングにしないとできないでしょうか・・・?

といったものでした。コメントありがとうございました。

お答えする前にお話ししたいことがあるのですが、ルーピングトリックが出来ない原因は、練習方法だけではなく「ヨーヨー本体」に問題がある場合もあります。

 

ルーピングトリックの練習に適したヨーヨーについて

まず、引いて戻るヨーヨーであることは大前提です。バインド仕様のヨーヨーでは、インサイドループ・リバースループなどの「楕円」を描くトリックは絶対に出来ません。

次に「引いたらすぐに戻るヨーヨー」であることも大切な条件ですが、引いて戻ればOK、という訳ではなく、適度に戻りがいいヨーヨーを使用する必要があります。

文章で表現するのが難しいんですが、引いて戻そうとしたときに、少しだけ糸を巻き込んだ状態で「チューン」と音を立てながら1秒くらい回転した後に戻ってくるヨーヨー(よくあります)は余りルーピングトリックの練習に適しているとは言えません。

慣れてくればそういった「戻りの悪い」ヨーヨーでもトリックを行うことは出来ますが、最初のうちは、もっと戻りのいいヨーヨーを使って練習されることをお勧めします。

とはいえ、スリーパーをした際に下で3秒も回らないような戻りのきつ過ぎるヨーヨーを使用することもお勧めできません。手首の返しがおろそかになり、不要なクセがついてしまうからです。

ルーピングトリック用のヨーヨーの戻りの基準として「アラウンドが10周できるかどうか」というものがありますが、どんなトリックを練習する際も、これくらいはスリープするヨーヨーを使用したほうがいいですね。

・・・以上がヨーヨー本体のお話になります。

 

練習方法について

次は練習方法のお話になるのですが、前方でスリープしてしまう場合は

  • 力が下に向きすぎている

投げだす際は下向きの力を加えるのではなく、まっすぐ、前方に向かって力を込めて投げて下さい。とはいえ、最初は「前方に向けて力を込める」という感覚がつかみにくく苦戦すると思います。慣れないうちは斜め下くらいでも構いませんので、スリープさせずに、まっすぐ投げて、まっすぐ戻せる角度で練習してみましょう。

  • 投げ出す際の力が弱い

投げ出す際の勢いが足りないと、糸が伸びきった際に、戻るだけの回転力が残らずスリープしてしまいます。上でもお話しした通り力加減の見極めが難しいかと思いますが、とにかく勢いよく投げだしましょう。前方に勢いよく投げだすことが難しい場合は、斜め下くらいで構いませんので、勢いよく投げられてスリープさせずに手元に戻せる角度で練習してみて下さい。

以上がリバースループの追加解説になります。参考になれば幸いです。

youtubeのコメント欄は週に1回くらい通知をチェックして、なるべく早めに返信するようにしているのですが、通知が来ない場合が多いのでコンタクトフォームからご質問頂く方が確実だと思います。

 

コンタクトフォーム
http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。