ストリングの種類と性能について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

o0600020012673560735-600x180

何だか最近ヨーヨー界のニュースばかり紹介している気がするので、コラムとか考察とか、yoyoeducationならではの記事をもっと増やしていきたいと思います。という訳で、今回は「ストリングの素材による使用感の違い」についてお話しします!

現在、ヨーヨー界には大きく分けて4種類の素材の競技用ストリングがあります。

■コットン100%

■コットン50%・ポリエステル50%

■ポリエステル100%

■ナイロン100%

大体こんな感じですね。では、それぞれの特徴についてお話ししていきます。

 

■コットン100%

コットンのみで作られているストリングです。

非常に弾力があり柔らかく、使っていて気持ちがいいのですが、ストリングが切れてしまいやすいためハードな練習には向きません。また、指にストリングを当てた際や、ストリングとストリングが干渉した際の摩擦が大きく(滑りが悪い)スムーズにトリックを行えないことが多いので、ある程度慣れてきたら他のストリングに変えた方が良いでしょう。

初心者の方が練習で使用される分については全く問題ないと思いますので、購入したヨーヨーにコットン100%のストリングがついてきたら、練習会などで最近ヨーヨーを始めた方にプレゼントするのがおすすめです。

コットン100%のストリングしか無い時代はみんなコットン100%で2Aをやっていたりしたので使えないことはないのですが、他の選択肢があるのなら、そちらを選んだほうがいいですね。

 

■コットン50%・ポリエステル50%

名前の通りコットンとポリエステルが半々になっているストリングです。コットンの使用感とポリエステルの滑り・強度を併せ持つ、バランスの良い性能となっており、あらゆるスタイルにお勧めできます。名前に「50/50」と掲載されているストリングは、このタイプです。

なお、50/50という表記の他に、単にスリック6と表記されることもあるのですが、スリック6=6本の糸をよって作られたストリング、という意味なのでスリック6=50/50、という訳ではありません。とはいえ、プレイヤー間ではスリック6と表現されることが多いので、厳密には違うのですが、スリック6=50/50 みたいなものだと思って頂いて結構です。

余談ですが、スリック6が6本ヨリであるのに対し、スリック8は8本ヨリです。スリック8は6と比べて太いため戻りがよく、フィーリングが柔らかめなのですが、余り見かけることはありません。

Kストリングやリクリエーションストリングなど、人気のあるストリングや、別段表記のないストリングは、ほとんどがスリック6です。

 

■ポリエステル100%

その名の通りポリエステルのみで作られているストリングです。ポリ100と呼ばれることが多いですね。

50/50と比べて更に滑りがよく耐久性もあるため、1Aをするならこのストリングで決まりだと思います。僕が知りうる限りでは、ほとんどの1Aプレイヤーがこのポリエステル100%ストリングを使用しています。ただ、同じポリ100でもメーカーやブランドによって性能が異なるので、まずは10本セットのお試しタイプなどを購入し、自分に合うものを見つけてから買い込むのがおすすめです。

Kストリング、リクリエーションストリングがおすすめですが、太さによって性能が全く異なるので、予算に余裕があれば2~3種類くらいの太さのものを用意しておき、ヨーヨーやトリックによって使い分けるようにするのがベストですね。

 

■ナイロン100%

ナイロンで出来ている、ちょっと珍しいストリングです。

私見ではポリエステルに比べて固めで、スラック系などのトリックを行った際の糸の飛びが良いように感じます。弾力は非常に少なく、劣化が遅く、フィーリングが固めなのも特徴です。ただ、ポリ100と比べてそこまでめちゃくちゃな違いは無いと思うので、好みで選んで頂ければと思います。参考までに、僕はポリ100のほうが好みです。

ちなみに糸が固いせいか2Aには全く向きません。2Aをされる場合は50/50かポリ100をおすすめします。

 

■2Aにおけるストリングに関する考察

サブスタイルで2Aをかじっているプレイヤーとしてルーピングヨーヨーとストリングの相性について独自に調べたので、余談としてちょっとだけお話ししておきます。

50/50はフィーリングが柔らかく扱いやすいのですが、ポリ100と比べて若干切れやすいです。また、太さの選択肢が少なく(基本的にスリック6か8かという選択肢しかない)ギャップを狭めることが難しい機種との相性はちょっと悪いです。単価が低めなのはストリング消費量が多い2Aにとって大きな魅力です。後述するポリ100と比べるとメーカーによる違いが少なく、性能は安定しているように感じます。

ポリ100は50/50よりは若干ループ性能が落ちる気がしますが、気になるほどではありません。また50/50と比べて切れにくく太さの選択肢が多いので、セッティングの幅は広いです。ただし単価が高いものが多く、ヨーヨーとストリングとの相性が悪いと早くて1分くらいで切れてしまうことがあります。

これはどちらかというとヨーヨー本体よりは糸のほうに問題があるようで(当然、ヨーヨーのエッジやスター周りに傷があったりする場合は別です)ルーピングトリックに向いているものと向いていないものがある気がします。なので、新しく購入したポリ100をルーピングヨーヨーに使用する際は、交換後いきなりアラウンドやリバースアラウンドといった糸への負担が大きいトリックを行うのではなく、軽めのループトリックを行いつつ、こまめに糸のコンディションをチェックしてみましょう。特にヨーヨー側(スターとエッジ周り)の糸がちぎれかけていないかを入念に調べてみて下さい。

経験上、最初のうちは1分ごとのチェックを15回くらい試したほうがいいと思います。逆に、そのチェックに合格できた糸は、そのヨーヨーに使っても大丈夫だと思います。

メーカーやストリング名について言及すると色々と問題がありそうなので伏せますが、少なくとも僕がリクリエーションストリングをルーピングヨーヨーに使用した際にストリングが切れたことは一度もありませんでした。参考になれば幸いです。

ヨーヨーリクリエーションストリング 100本入り
http://yoyoeducation.shop-pro.jp/?pid=93197984

 

 

SNSでもご購読できます。