今年は9月11日に倉敷で開催「2016中四国ヨーヨーコンテスト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も開催される中四国ヨーヨーコンテストですが、本年度版のウェブサイトが公開されています。


http://csyc.info/

 

今年も去年と同じく1A/2A/X/チャレンジの4部門が開催されます。

 

1A/2A/Xは予選なしの3分フリースタイル、ルールはJYYF準拠となっておりますので公式大会さながらのステージを楽しむことができます。これから公式大会にチャレンジしたい!という方から、来年に向けての調整を、という方まで、様々なプレイヤーの方にお勧めできる大会となっています。それに対し1分フリースタイルで競われる「CSYCチャレンジ」部門ですが、去年と比べ大幅にルール・競技内容が変更されておりますので、簡単にご説明します。

 

・得点は演技終了後すぐに発表。

 

・採点項目は以下のとおりです。

トリック難易度:20点
トリックがミスなくスムーズに行われていたか:10点
音楽を意識した演技内容であったか:10点
観客の存在を意識し、堂々とした態度で演技が行われていたか:10点

 

・出場資格は以下の通りです。

1:これまでに開催された中四国ヨーヨーコンテストの1A/2A/X部門に出場していないスタイルでなければならない。
2:これまでに開催された中四国ヨーヨーコンテストのCSYCチャレンジ部門で入賞していないスタイルでなければならない。
3:2012年以降に開催されたJYYF主催の「ジャパンヨーヨーリーグ」の決勝に出場していないスタイルでなければならない。

要するにメインではないスタイルで出場してみませんか、という部門になっています。ちなみに僕の場合は・・・

 

1:過去に開催された中四国ヨーヨーコンテストの1A部門に出場している→1A部門では参加不可
2:CSYC部門に2Aで参加したが入賞していないので、2A部門での参加も可能
3:2012年以降のジャパンヨーヨーリーグにはどのスタイルでも出場していない

 

以上の条件となるので、2A・3A・4A・5A部門での出場が可能、ということになります。余談ですが僕は今のところ2Aで出場予定です。去年は全く2Aを練習していない状態での参加だったので、そこから1年でどれくらい上達したのかを楽しんで頂ければと思います。笑

 

・照明を点灯した状態で競技が行われます。

毎年、競技中は観客席の照明を消灯していたのですが、今年のCSYCチャレンジ部門中は点灯状態で進行されます。

 

簡単にご説明するとこういった感じになりますが、もちろん・・・「まだ大会に出場したことがないんだけど、フリースタイルをやってみたい!」「3分の構成を組むのは大変だけど、1分なら気軽に参加できそう」といった方にとってもうってつけの部門となっています。

 

また、今年はヨーヨーの改造技術を競う「モッズコンテスト」も開催されます!

 

モッズコンテストの詳細につきましては、以下のFacebookページを参照して下さい(ご自分で改造ヨーヨーを用意し持ち寄るコンテスト内容ではありませんのでご注意下さい!)

 

 

なお、審査を担当されるモッズ部門世界チャンピオン「s.kon」氏によるハイクオリティなモッズ作品が早くも公開されています。

 

 

と、長々とお話ししてきました2016年度の中四国ヨーヨーコンテストですが、今年は「9月11日(日)」に「倉敷」で開催されます。倉敷は観光名所も多いので、旅行がてらお立ち寄り頂く、というのも良いかも知れません。僕も例年通りスタッフやジャッジとして参加予定なので、当日お会いできることを楽しみにしています!

 

中四国ヨーヨーコンテスト
http://csyc.info/

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。