あっと驚く「トリックの作り方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、読者様から頂いたご質問と、そのお返事を掲載させて頂きます(読者様の許可を頂いた上で掲載しています)。

Aさんからのお便り

 

こんにちわ。毎回楽しくメルマガを読ませて貰っています。

 

おっくんさんはメルマガ内でオリジナルトリックの映像を紹介されていますが、トリックを作るにあたって考えている事や思いつく為のコツみたいな物ってありますか?

 

簡単で尚且つそれっぽく見えるトリックを作りたいなと思ってるのですが、中々出来ないので良かったらアドバイスを頂けたらなと思っています。

 

今まで私が思いついた簡単なトリックの映像です。

 

 

 

僕からの返信です

いつもメルマガをご購読頂き、ありがとうございます。おっくんです。

 

お問い合わせの件ですが、僕がトリックを作成するにあたってのいくつかの方法をご紹介します。

 

・自分のトリックの引き出しから部分部分を抜き出し、組み合わせてみる。
現在習得しているトリックを可能な限り分解し、それらを再構成してトリックを作ったりしています。

 

・他のプレイヤーからイマジネーションを得る。
他のプレイヤーのトリックを見て、ヨーヨーや糸の新しい動きを発見し、その印象を頭に残しながら、自分のトリックの引き出しを使いつつトリックを作っていきます。

 

・ヨーヨー以外のものからイマジネーションを得る。
ジャグリングの技(ディアボロやポイなどがおすすめです)を見て、自分のトリックの引き出しを使ってヨーヨーに転用させてみたりしています。

 

・音楽からイマジネーションを得る。
色んな音楽に触れることで、自分なりにその音楽に合わせながらヨーヨーをしていたら気づかぬうちにトリックができていた、なんていう変わった方法もあります。トリックの引き出しの量がある程度豊富であることが前提であるように思います。

 

こういった感じでトリックを開発するようにしています。

 

いくつかのポイントに共通している「トリックの引き出し」という表現ですが「現在習得している全てのトリックや技術」と考えて頂ければ結構です。

 

新しいトリックを習得し、様々な技術に触れ、この引き出しを充実させていくことがトリック作成能力をアップさせるためのポイントです。

 

僕のトリックビデオや他の方が公開されているビデオを活用し、出来るトリックの種類を増やしたり、色んな技術をチェックすることで自身の引き出しを充実させてみて下さい。トリックの作成能力がどんどん上がっていくと思います。

 

 

今回はトリックを製作するにあたってのご質問でした

 

色々な方法をお伝えしたのですが「今日はトリックを作るぞ!」と意気込んでしまうと逆に意識しすぎてしまい、なかなかうまくいかないものです。僕の場合、集中して振っている時よりも、好きな音楽を聞きながら適当に振っている時のほうが新しいトリックをひらめくことが多いです。

SNSでもご購読できます。