知識・ノウハウ

最も効率の高いホリゾンタルの練習法

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は、メルマガ読者の方から頂いたご質問と、僕からの回答を、質問された方の許可を得た上でご紹介させて頂きます。

 

>Bさんからのご質問

おっくんさんこんにちは。ホリゾンタルを練習しているのですが全くと言っていいほど出来ません。どうすればホリゾンタルを綺麗にできますか?ホリゾンタルにはどんな技がありますか?

 

>僕からの返信です

ホリゾンタルの練習法ですが、まずは斜め45度くらいの角度での投げ出しでもいいので、投げ出してバインドをしてキャッチする練習から始めてください。

いきなり平行状態でのイーライズホップやバックフリップ等の練習から始めてしまうと、その高い難易度から上達の手ごたえを感じにくく、モチベーションが下がってしまいがちです。なので、まずは斜め45度くらいの角度での投げ出しとバインドから始めて、そこから徐々に投げ出しの角度をきつくするようにしてみて下さい。

ホリゾンタルのトリックバリエーションですが、以下にこれまでにご紹介したホリゾンタルトリック紹介ビデオの一部を掲載しておりますので、平行に近いスローとバインドが安定してきたら、チャレンジしてみて頂ければと思います。

 

>今回はホリゾンタルの練習法に関するお問い合わせでした

どのトリックでもそうですが、いきなり完成形を目指して練習してしまうとやることや考えることが多すぎて、今日の練習でどの部分がどのように上達したかという「上達の手ごたえ」を感じにくいです。上達の手ごたえを感じられないと、徐々に練習のモチベーションが下がっていき、最終的には諦めてしまうことも多いです。そうならないためにも、まずは取り組みやすい方法や手順での練習から始め、徐々に段階的に完成形を目指して頂くのが一番だと考えています。

1年くらい前に似たような記事を書いておりますので、よろしければこちらも参考にして頂ければと思います。

ホリゾンタルの効果的な練習法とは?
http://yoyoeducation.jp/?p=1692

 

>ヨーヨーに関するご質問はありますか?

メルマガ「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation.jpでは、あなたからのヨーヨーに関するご質問を募集しています!以下のページから、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

また、メルマガ・ブログでの掲載依頼(新商品・練習会・活動の告知など)も受け付けておりますので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

 

【Q&A】リバースループの練習法

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は、メルマガ読者の方から頂いたご質問と、僕からの回答を、質問された方の許可を得た上でご紹介させて頂きます。

 

>Mさんからのご質問

お世話になっております。前回はルーピングやヨーヨーの詳しい解説をありがとうございました。まだまだ形には程遠いですが、毎日少しずつやっていきます。

今回もお尋ねしたいのですが、リバースループやファウンテンのコツみたいなものはありますか?

ループやホップと一緒にリバースループも練習していますが、自分がやるとヨーヨーが真っ直ぐには飛ばずどうしても下に向かっていき、ホップのようになります。腕を高くして前に押し出そうとしたり、ヨーヨーを引いてみたり、少しヨーヨーを横にして飛ばしてみたりと自分なりに工夫?してみたつもりですが、やはり上手くいかずヨーヨーが下に向かっていきます。バーティカルループも全くできません。

なぜ逆回転のループで真っ直ぐに飛んだり、上に上がるのかが不思議に思えてしまうこともしばしばです(笑)よくルーピングは感覚大切だと聞き文章では難しいと思いますが、何かアドバイスを頂けると幸いです。

よろしくお願いします。

 

>僕からの返信です

文章でお伝えしようと思いお返事を書いていたのですが、なかなか正確にお伝えすることが難しく、他の読者様からも定期的にご質問を頂く内容なので、この機会にビデオを作成させて頂く事にしました。
僕自身が2Aプレイヤーではないのですが、それでもよろしければ参考にして頂けると幸いです。

今回はリバースループの練習法のビデオになります。バーティカルループのビデオも後日作成し、メルマガでご紹介させて頂く予定です。

非常に難しいトリックなので、長いスパンで見ながら気長に練習して頂ければと思います。

 

>今回はリバースループについてのご質問でした

ループの逆回転、と考えてしまうと非常にハードルが高くなってしまいますので、前方でホップザフェンスを行うトリック、だと考えるようにしてみて下さい。

思ったよりも前方にヨーヨーが飛んでいなかったりするので、鏡などで定期的に現在の形を確認しながら練習するのがお勧めです。難関トリックなので気長に練習してみて下さい。

 

>ヨーヨーに関するご質問はありますか?

メルマガ「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation.jpでは、あなたからのヨーヨーに関するご質問を募集しています!以下のページから、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

また、メルマガ・ブログでの掲載依頼(新商品・練習会・活動の告知など)も受け付けておりますので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

 

【Q&A】戻りのいいルーピングヨーヨーに頼りすぎていませんか?

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は、メルマガ読者の方から頂いたご質問と、僕からの回答を、質問された方の許可を得た上でご紹介させて頂きます。

 

>Mさんからのご質問

はじめまして
いつもメールマガジンやブログを楽しみにして読んでいます。トリックの解説やヨーヨーの選び方などとても参考になります。

私は97年にハイパーヨーヨーを始めて、ブームが去ったのと同時にヨーヨーを辞めました。その後ずっとヨーヨーはしてませんでしたが、4ヶ月程前にまた再開して現在に至っています。

復帰してからは2Aに憧れてループやホップの練習をしています。最近はダブルループやミルクに挑戦していますが、上手くいかず毎日苦戦の連続です(笑)

各地練習会の情報も知り、まだ2回ですが参加しました。

質問ですが、最初は戻りのよいヨーヨーで練習する方がいいのでしょうか?練習会でボルテクスやLPを使わしてもらったところ、とても戻りが強くスムーズにループやホップができて使いやすかったのですが、最初から戻りのよいヨーヨーに慣れてしまうとスナップや基本がおろそかになってしまうので、よくないとのアドバイスを頂きました。今はループ360を使っています。

長くなりましたが、よろしくお願いします。

 

>僕からの返信です

いつもメルマガをご覧頂き、ありがとうございます。おっくんです。

ホップにループ、基本技とはいえ大変ですよね。僕も最初はかなり苦戦した記憶があります。

ただ、僕自身2Aを専門にやっている訳ではないので、ダブルハンドのトリックはファウンテン(ミルクをダブルバーティカルまで上げていくトリック)やバリアブル(ミルクから体を回転させつつダブルバーティカルまで持っていくトリック)あたりまでしか出来ません。それでも宜しければ、お答えさせて頂きます。

結論から申し上げると、戻りの良すぎるヨーヨーは使うべきではないと思います。

ただ、戻りの良さというのもプレイヤーによってとらえかたが違うので、僕の中での基準のお話から入らせて頂きます。

僕の中では最近は「カーペットでウォークザドッグができないヨーヨーは戻りが良すぎる」と考えています。あと、明らかに糸がスター(ヨーヨーの内側のギザキザ)に当たっているのも、戻りが良すぎると思います。プレイヤーによっては「アラウンド10周できるかどうか」という判断基準もあるようです。

もちろん、戻りのいいヨーヨーを使うと、ヨーヨーが強く戻ってくるぶん手首の返しが楽になるのですが、それだと、手首の返しでループをするのではなくて、ヨーヨーの戻りでループをすることになってしまいます。結果、手首の返しが必要なシーンで苦戦することになったり、スリープ系の技が困難になったり、あらゆる部分でつまづく原因となりやすいようです。

僕も最初はほとんどスリープをしないようなヨーヨーで練習をしていたのですが、掛け技や変則ループの練習をするようになってから、戻りの悪いヨーヨーでいちから練習しなおしました。そうならないためにも、戻りの良すぎるヨーヨーは避けるようにしたほうが良いかと思います。

同じヨーヨーでも糸の太さなどを変えるだけで戻りは調節できるので、現在のヨーヨーの戻りがよすぎると感じる場合は、1段階細めの糸を使って練習してみてください。

以上、2Aプレイヤーの意見ではないのですが、参考にして頂ければ幸いです。

 

>今回はヨーヨーの戻りに関するお問い合わせでした

最初は戻りの良いヨーヨーで練習して感覚をつかむのもいいかも知れないので何とも言えないのですが、ダブルループやミルクザカウがある程度出来るようになったら、あとは戻りの良すぎるヨーヨーは避けたほうが良いと思っています。

僕自身、以前は戻りの良いヨーヨーでしかファウンテンが上がらず、途中でごまかしたりヨーヨーの性能に頼りきっている部分があったのですが、最近は練習の成果か少々戻りの悪いヨーヨーでも上げられるようになりましたし、戻りの悪いヨーヨーだとごまかしが利かないこともあり、きちんと上げる技術が身につきました。

 

>ヨーヨーに関するご質問はありますか?

メルマガ「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation.jpでは、あなたからのヨーヨーに関するご質問を募集しています!以下のページから、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

また、メルマガ・ブログでの掲載依頼(新商品・練習会・活動の告知など)も受け付けておりますので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

 

「ヨーヨー練習会」のはじめかた

1

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

去年からヨーヨーの交流会「天王寺ヨーヨークラブ」を運営しているのですが、現在の関西ヨーヨースクールの前身である「大阪ヨーヨー練習会」も過去20回に渡って運営してきた経験を生かして「練習会のはじめかた」についてお話ししていこうかと思います。練習会やってみようかなぁ・・・という方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

1:開催場所を決めましょう

場所が決まらないと練習会を開けないので、まずは会場を探してみましょう。

「地名+公民館」
「地名+レンタルスペース」
「地名+貸し会議室」

などの検索ワードで調べてみましょう。運が良ければ、いくつか候補が出てくると思います。

開催地候補が見つかったら、次は「会場へのアクセス方法」を調べましょう。最寄り駅から遠いと参加し辛いかと思いますので、出来れば立地のよい会場のほうが望ましいですね。

足を運んで貰えそうな立地の会場が見つかったら、次は「借りられるかどうか」を調べましょう。特定の区民・市民・町民でなければ借りられなかったり、当日の利用内容が限定されていたり(会議はいいけどヨーヨーはだめ等)と、気軽に借りることができない会場もたくさんあるので、規約を熟読し、借りられるかどうかを調べましょう。

ここまでがクリアできたら「会場の利用料」を調べましょう。2~3時間で1万円くらい費用がかかるような会場も結構あるので、こんなはずでは・・・とならないように、事前にチェックしておくことをお勧めします。「想定している参加者数 × 参加費 = 利用料」となるのが理想ですね。

入場料が必要なイベントかどうかで利用料が変わったり、入場料が必要なイベントは開催できない施設もあるので、規約を熟読し、一度会場まで足を運んで、管理されている方にお話を伺ってみるのも良いでしょう。

次は「予定している日に空きがあるか」をチェックしましょう。ここまでの条件をクリアできていても「土日は3ヶ月先までいっぱい」なんてこともよくあります。

では最後に、実際に会場に足を運んで「ヨーヨーの練習会で使用する」ことを貸主様に伝えましょう。ヨーヨーの性質上、どうしてもヨーヨーを床に落とすことは避けられませんので、そのあたりで貸主様とトラブルになることを避けるため、事前に申告しておくことをおすすめします。あと、音楽を流す場合も、事前に許可を得ておいたほうが良いですね。となりで会議等をされているような会場の場合、ご迷惑になる場合があります。

ここまでが全部クリアできたら、おめでとうございます!やっと練習会が開けますね。では、次は練習会を「宣伝」しましょう。

 

2:告知方法を決めましょう

参加者様に練習会を知っていただくために、サイト・ブログ・SNSアカウント(ツイッター、フェイスブックなど)を用意しましょう。SNSのほうが告知しやすく、見てもらえる機会も多いのですが、サイトやブログもあったほうが色々なことを表現できますし、おすすめです。SNSでサイトやブログのアドレスを宣伝するようにすると、それぞれの特徴を生かせますね。

サイト・ブログでは「開催日・会場・開催時間」に加え、当日のおおまかなスケジュール・会場への行き方・地図・会場のようす・簡単なQ&A・お問い合わせフォームなどもあると、より良いかと思います。とはいえ「開催日」「会場」「開催時間」がもっとも重要なポイントなので、それらを解りやすく掲載することが一番大切ですね。

 

3:テーマを決めましょう

これは必須ではないのですが、どういった練習会にしたいか、ということをある程度決めておくと、活動の方針や参加者様への接し方などを決めやすいです。例えば・・・

・初心者向けなのか、上級者向けなのか。
・主に大会向けの練習をする会なのか、気楽にヨーヨーを振る会なのか。

などなど、ある程度の方針を決めておいたほうが、参加される方も参加しやすいと思います。

急に言われても・・・といった感じになるかも知れませんが、自分が理想とする「当日の風景」を想像すると、思いつきやすいのではないでしょうか。

 ■いかがでしたでしょうか■

ヨーヨーはひとりで振るのも楽しいのですが、他のヨーヨープレイヤーと触れ合いながら振るほうがもっと楽しいので、近くに練習会が無い場合は、このような方法で開催してみてもいいかも知れません。

練習会を始められましたら、ぜひご連絡下さい!メルマガやブログ等でご紹介させていただきます。

 

 

 

 

変則イーライ、出来ますか?(3)

HIR86_syawa-karadetakaruosuneo20130825500-thumb-1050x700-5012

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

当初考えていたよりもずいぶん長編になってしまったんですが、変則イーライの続きです。これまでの内容をご覧になられていない方は、以下のブログ記事からご確認頂ければと思います。

■変則イーライ、できますか?(1)
http://yoyoeducation.jp/?p=2988

■変則イーライ、出来ますか?(2)
http://yoyoeducation.jp/?p=3052

第1回は「とにかく飛ばす」第2回は「とにかく飛ばしつつ、ゆっくりでいいから戻す」とお伝えしてきたのですが、今回は「とにかく飛ばしつつ、とにかく戻す」練習をしてみましょう。前回はヨーヨーの動きが止まっても下に落ちてもいいから、とりあえず戻す、という段階だったのですが、今回はヨーヨーの動きを止めず、下に落とさず、ヨーヨーを糸まで戻して下さい。

連続でなくて構いません。1回だけで構いません。体やトリックの形が崩れても構いません。その代わり「とにかく飛ばし、ヨーヨーの動きが止まったり、下に落ちてしまう前に、とにかく戻す」ようにしてみて下さい。ちなみに、ほとんどの変則イーライは「飛ばす」ときより「戻す」ときのほうが圧倒的に難しいです。飛ばしたときと同じ形で糸まで戻せるようになるまでには、かなりの練習を要します。なので、戻す形は崩れても構わないので、なるべくヨーヨーが移動しているうちに戻してください。

前回もお話ししたのですが、戻す部分にばかり気をとられていると「飛ばす」部分がおろそかになりがちです。難しいのは戻す部分ですが、戻す部分よりは飛ばす部分を優先しつつ、練習してみて下さい。

あとは、どこまで「飛ばしたときの逆再生」に近づけられるかどうかですね。真横のイーライの例で言うと、真横に飛ばして真横に戻す、というのはかなり難しいので、最初は「真横に飛ばして、斜め下で戻す」形になると思いますが(それでも十分難しいです)、練習しながら、その角度をだんだんと上げていく感じです。

ヨーヨーに限った話ではないのですが、最初からいきなり全部を覚えるというのは難しい話で、かえって時間がかかって遠回りになることもありますし、理解が浅く応用が利かないような形で覚えてしまうこともありますし、ハードルが高すぎてモチベーションを保つことも難しいです。何でも「可能な限り細かく噛み砕いた上で段階を作り、それを順序立てて消化していく」ことが、最も効率がよく、正しく、楽しく覚えることができる秘訣だと思っています。

 

 

大会に出場する前に・・・

GAK_nekocafenonekocyan20130921500-thumb-846x600-4245

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

先日EJ-Aが終了し、明日はCJという、2016ジャパンヨーヨーリーグの真っ只中ですが、当日「昨日までにやっておけばよかった・・・」とならないための「やることリスト」をご紹介します。大昔に作成したものなのですが、加筆修正しましたので、既にご存知の方も一度目を通して頂ければ幸いです。

出場される選手の皆様が、当日ベストを尽くすことができるよう、お祈りしております。

http://yoyoeducation.jp/?p=155