知識・ノウハウ

汗で糸が滑らない!素手派にありがちな悩みを簡単に解決する方法

pine-forest-188835_1280
おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は「練習中の汗で手がベトベトになって糸が滑らない・・・」なんていう、
素手派のプレイヤーなら誰しもが経験する悩みを一挙解決する方法をお教えします。

というか、今までも色んな対策がなされてきた問題ではあります。
僕が知っているだけでも、

手袋を使う
制汗スプレーを手に噴射
食器用洗剤「キレイキレイ」で手を洗う
ベビーパウダーを手に散布

などなど、探せばもっと出てきそうです・・・
僕も素手派なので今まで色々試してきたんですが、
最近行き着いた結果が「フェイシャルペーパー」でした。
顔の油を取るウェットシートですね。

といっても、メーカーが限定されるんです。

いつも僕は顔を拭くのにギャツビーのものを使ってたんですが、
保湿の効果?があるのか、拭き終わった後はややべたつく感じでした。

そこで先日たまたまメンズビオレのものを使ってみたんですが、
ビオレだと乾いた後はサラサラ。
これはもしやと思い、手を拭いてみたところ、狙い通り、
めちゃくちゃ滑りが良くなりました。

軽く拭くよりは、しっかり拭き取る感じで使うのがポイントです。

http://www.kao.co.jp/biore/mens/lineup/face/power_sheet.html

今知っている中では、いつでもどこでも最も気軽に実践できる汗対策ですね。
是非、試してみて下さい。

【Q&A】新しいトリックをひらめくためのコツ

おっくんです。本日もお越し頂き、ありがとうございます。

本日は、メルマガ読者の方から頂いたご質問と、僕からの回答を、質問された方の許可を得た上でご紹介させて頂きます。

 

>神奈川県のTさんからのご質問

非常に多くのトリック配信及び解説ありがとうございます。質問なのですが、トリックを考える時は、どのように思いつくのですか?また、トリックを考える時は、「よし!今日は新しいトリック作るぞ!」とトリックを考える気持ちでトライするのですか?以上、お忙しいとは思いますが宜しくお願いします。

 

>僕からの返信です

新しいトリックを作るときは、余り意識していない事の方が多いです。では、新しいトリックが出来る瞬間はどんなときか?というと・・・

・他のプレイヤーのフリースタイルを見ていて閃いたとき

あ、こんなやり方があったんだ!面白い!と感じた時は、すぐにヨーヨーを手にとって、感じるままにヨーヨーを振るようにしています。細かく解析したり丸々コピーしようとするのではなくトリックの全体的な雰囲気を自分なりにアレンジする感じでやってますね。

・好きな音楽を聴いているとき

ちょっと特殊なひらめき方になるんですが、好きな音楽を聴いてるときってテンションが上がりますよね。そんな時に気分に任せて体を動かしながらヨーヨーを振っていると、ふとひらめくときがあります。

・時間を空けて練習を再開したとき

1週間くらいヨーヨーに触らなかった後で練習してみたりすると、5分以内に新しいトリックをひらめく可能性が高いです。先入観や習慣が取り払われて、新鮮な頭と体でヨーヨーが出来ているせいでしょうね。

なので、行き詰まった時は無理に練習をするのではなく、1週間くらい放置してから再開されることをお勧めします。苦戦していたトリックがいつのまにか出来るようになっていた・・・なんてことも結構あります。

僕の場合、この3つのケースでひらめくことが殆どですね。参考になりましたら幸いです。

 

>今回はトリックの作り方についてのご質問でした

コンボは意識して作ることが出来るのですが、新しいトリックはこのようにして生まれることが多いですね。

 

>ヨーヨーに関するご質問はありますか?

メルマガ「日刊ヨーヨートリック」/yoyoeducation.jpでは、あなたからのヨーヨーに関するご質問を募集しています!以下のページから、お気軽にお問い合わせ下さい。

http://yoyoeducation.jp/?page_id=139

また、メルマガ・ブログでの掲載依頼(新商品・練習会・活動の告知など)も受け付けておりますので、ご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

 

上達するだけじゃない。ヨーヨーの色んな楽しみ方

ヨーヨーは「上達する」「トリックを増やす」という最もメジャーな楽しみ方の他にも、色んな方法で楽しむことが出来ます。最初はヨーヨーが楽しくて始めたはずなのに、だんだん「上達する」ことだけに集中してしまう、というのはよくある話で決して悪いことではないのですが、たまには初心にかえって「ヨーヨーを楽しむ方法」を模索してみるのも面白いと思います。

続きを読む