トリック紹介・解説ビデオ

ヨーヨーを跳ね上げて左手の外側でキャッチするトリック

 

yoyoeducation bn

 

 

今回はイーライズホップの要領でヨーヨーを跳ね上げて、糸を左手から完全に離してから、左手の外側で再び糸を捕まえてトラピーズを行うトリック。糸を一度完全に離すため、糸を離さずに外側トラピーズまで持っていく「オルタナティブ・イーライズホップ」よりも難しいトリックになっています。

練習方法ですが、まずは「ヨーヨーを飛ばして糸を離して、ヨーヨーを左手の外側に落とす」ことから始めましょう。離した糸は無視して構いません。

次は、↑の練習で離した糸を左手の外側でつかまえる練習。ヨーヨーを乗せることは考えず、糸をとらえることに集中しましょう。飛ばしたヨーヨーは、出来る限り左手の外側に落とすようにしましょう。

最後は飛ばしたヨーヨーを左手の外側でキャッチする練習。クセなどにもよるかと思いますが、糸を離す際は、スラックの要領で前方に軽く飛ばすようにしたほうが左手外側で糸を捕まえる際に糸が張りやすく、とらえやすいかも知れません。

トリックの構造上、糸は短め、ヨーヨーの幅は広めのほうが成功させやすいです。このトリックに限ったことではありませんが、最初はそのトリックに最も適したセッティングのヨーヨーを使用し、とりあえず一度でも成功させてしまうことが重要です。

一度でも成功させたビジョンがある状態で練習を行う場合と、一度も成功させたことがないまま練習を行う場合とでは、練習の成果に大きな差が出ます。

 

使用機種:リベリオン – ドレッドG
http://yoyoeducation.shop-pro.jp/?pid=92843988

 

 

 

余らせた糸を上から叩きつけてバインドを掛けるトリック

 

yoyoeducation bn

 

 

今回は「余らせた糸を上から叩きつけてバインドを掛ける」トリック。今井新選手がよくフリースタイル中に行っているバインドの簡易版、といった感じです。1.5のリバースマウントを空振りさせて糸をつまみ、掛ける糸を確保し、そのまま左にヨーヨーを流して、ヨーヨーの上に糸を被せてバインドを掛けます。

このトリックのコツは、バインドを掛ける瞬間に、被せた糸をたるませること。糸を上から被せることばかりに意識が行ってしまうと糸が張ってしまい、せっかく糸を被せられてもバインドをかけることが難しくなってしまうので、まずは被せる練習をして、慣れてきたら糸をたるませてバインドを掛けられるよう意識してみましょう。

 

使用機種:リベリオン – ドレッドG
http://yoyoeducation.shop-pro.jp/?pid=92843988

 

 

 

乗せ換えの基本形から糸の間を通して形を崩すトリック

 

yoyoeducation bn

 

 

今回は乗せ変えコンボの基本形(パンツの形です)から左手人差し指でリバーストラピーズを行い、そのリバーストラピーズを解かずに、右手にかかっている糸の輪にヨーヨーをくぐらせて、最終的に全ての糸を解いていくトリックです。

トラピーズからでも最終形は変わりませんが、くぐらせるまでの流れはリバーストラピーズからのほうがきれいですね。

リバーストラピーズのままヨーヨーを動かすテクニックは僕自身あまり使わないので、また時間を見つけてコンボに組み込んでみようと思います。

 

使用機種:リベリオン – ドレッドG
http://yoyoeducation.shop-pro.jp/?pid=92843988

 

 

 

 

リバースループの練習方法について

以前youtubeで公開した「リバースループの解説ビデオ」に質問コメントが寄せられており、同じ悩みを持つプレイヤーさんが多いんじゃないかなぁと感じるご質問内容だったので、シェアさせて頂きます。

 

続きを読む

ヨーヨートリック「クイジボ」徹底解説

本日はヨーヨーを跳ね上げている間に腕をクロスさせ、両手の間にあるストリングにヨーヨーを着地させ、再度ヨーヨーを跳ね上げている間に腕のクロスを戻しストリングにヨーヨーを着地させる「クイジボ」と呼ばれるトリックの徹底解説です。

 

続きを読む